サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

山里にダムがくる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 山と渓谷社
  • サイズ:19cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-635-31011-6

紙の本

山里にダムがくる

著者 菅 聖子 (文),大西 暢夫 (写真)

「ダムはゼニやな。まっことつまらんで」 田んぼ、畑、小学校、長年住んだ家…。あたりまえの山里の風景を水の底に沈めるダム。日本各地のダム建設計画地を訪ね、そこに生きる人たち...

もっと見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ダムはゼニやな。まっことつまらんで」 田んぼ、畑、小学校、長年住んだ家…。あたりまえの山里の風景を水の底に沈めるダム。日本各地のダム建設計画地を訪ね、そこに生きる人たちの暮らしをまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

菅 聖子

略歴
〈菅〉1965年生まれ。フリーのライター兼編集者。環境を守る仕事に携わる人などのルポを発表。
〈大西〉1968年生まれ。フリーのカメラマン。著書に「分校の子供たち」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ダムの底に沈みゆく村々を訪ね,そこに生きる人々の暮らしを文章と写真でつづるノンフィクション

2000/10/06 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 筆者は言う。「少なくとも私が子どものころまでは,ダムは発展の象徴だった」。その著者が写真家・大西暢夫氏のひとことから,村がまるごとダムに沈む,容赦ない過酷な現実を体験することで,ダムへの旅を始める。まさに一期一会によって,ひとりの人間の新しい人生観が生まれ,社会観もやがて大きく変質していく。
 この書は,社会の不当な歪みのなかで生きる山の民の人間ドキュメントである。著者は,全国8カ所のダム,やがて無機質なコンクリートに無造作に飲みこまれる山村をたずねる。そこに生まれ,育ち,暮らし続ける村民に会い,汚れない眼で故郷への想いのたけを語る声を,ていねいにすくいあげる。
 8カ所の山里は,それぞれ立地条件が違うこともあって,風俗習慣,生活環境も異なってはいるが,共通していえることは,著者も憤っているように「人間は生きたいように生きるのと同じで,川も流れたいように流れているのを力づくでなぜ止める。周辺に生きる命と共に」である。大型公共事業への警鐘の音が,静かだが心にしみいるような清々しい好編である。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/03 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/11 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/03 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る