サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 岩波書店
  6. 岩波新書 新赤版
  7. インターネット術語集 サイバースペースを生きるために

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インターネット術語集 サイバースペースを生きるために(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/217,11p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430667-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

インターネット術語集 サイバースペースを生きるために (岩波新書 新赤版)

著者 矢野 直明 (著)

インターネット術語集 サイバースペースを生きるために (岩波新書 新赤版)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

初代ASAhIパソコン編集長が読んできたインターネットに関する何十冊もの本のエッセンスが手に入る

2000/10/13 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鈴木 康之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は,1988年から「ASAhIパソコン」の初代編集長を務めた人。つまり,この本一冊読むだけで,当時インターネットに関する情報が一手に集まってくる場所にいた人(著者)が読んできた何十冊もの本を再構築したエッセンスを手に入れることができる。
 「術語集」ということで用語解説の形を取っているが,著者も「私家版」と断わっているように,用語解説に名を借りた「エッセー集」の趣が強い。当然,個人的な考え,多少偏った意見もあるが,それがかえって,読者の思考を刺激して,いろんな発想が生まれてくる。アンテナを四方に延ばしている人だけに,最新の用語も多く取り込まれ,インターネットにかなり詳しい人でも,新しい発見がいろいろとあるはずだ。
 かといって,インターネットの素人では難しくて理解できないわけでもない。自分の体験や,新聞やテレビでもお馴染みのニュースも紹介されているし,文章は分かりやすい。インターネットはどうも分からないという人でも,難しいところは気にせずに飛ばして読んでいけば,それなりに理解が進むはずだ。この本はそれだけのふところの深さを持っている。
 新書というと,手軽に1,2時間でササッと読んで,ちょっと知識がつくというイメージがあるけれど,この本は,その意味ではちょっと手ごわい。付せん紙を張り,傍線を引きながら,できればメモを取りながら,じっくり読んだ方が得るものは多いはずだ。
 ほとんど各ページに「参照項目への矢印」があるので,本当はハイパーテキスト形式にして,インターネットかCD-ROMで読んだ方がいい本かもしれない。「筆者の好みが反映した,たぶんに恣意的な選択である」と著者のいう巻末の基本文献は,技術的解説書ではないインターネットの文化的・社会的解説書のブック・ガイドとして大いに役に立つ。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/19 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 06:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/06 03:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/15 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む