サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

和田夏十の本
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-6438-2
  • 国内送料無料

紙の本

和田夏十の本

著者 和田 夏十 (著),谷川 俊太郎 (編)

「ビルマの竪琴」「炎上」といった、市川崑監督の脚本家として知られる和田夏十。脚本はもちろん、エッセイ、創作、詩、評論など、遺された個性ゆたかで犀利な作品を、谷川俊太郎がセ...

もっと見る

和田夏十の本

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ビルマの竪琴」「炎上」といった、市川崑監督の脚本家として知られる和田夏十。脚本はもちろん、エッセイ、創作、詩、評論など、遺された個性ゆたかで犀利な作品を、谷川俊太郎がセレクトし、一冊に編みあげる。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

和田夏十というひと 谷川俊太郎 著 14-19
由美子の死・その前後 和田夏十 著 20-30
信仰告白 和田夏十 著 31-37

著者紹介

和田 夏十

略歴
〈和田〉1920〜83年。兵庫県生まれ。東京女子大学英語専攻部卒業。48年に市川崑と結婚し、夫の作品「人間模様」で脚本家としてデビュー。作品に「ビルマの竪琴」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/5/28朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 和田夏十は映画「ビルマの竪琴」や「炎上」など、市川崑監督作品のシナリオを手掛けた脚本家であり、市川監督の妻であった。これは一九八三年に六十二歳で他界した彼女の遺稿集だが、単に代表作を寄せ集めた追悼集ではない。
 たまたま、脚本家として生きることを選んだ和田夏十という魅力的な人間がいた。そのあかしをこの世に残しておきたい。友人であった編者のそんな強い思いが、作品の選び方に表れている。代表作「炎上」と「黒い十人の女」の脚本を除けば、大半は独白のようにつづられたエッセーだ。テレビや本の感想といった身辺雑記、闘病の中で死を意識した「遺書の書き出し」。それらをまっすぐに貫いて一人の肖像が浮かび上がる。妥協せず、己に厳しく、他人に謙虚であったろう女性。読むうちに背筋が伸びるような本だ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する