サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レナードの朝(ハヤカワ文庫 NF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NF
  • サイズ:16cm/662p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-050237-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

レナードの朝 (ハヤカワ文庫 NF)

著者 オリヴァー・サックス (著),春日井 晶子 (訳)

レナードの朝 (ハヤカワ文庫 NF)

1,058(税込)

ポイント :9pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目覚めはある朝突然に

2011/05/29 17:30

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

1920年代に流行した病気、嗜眠性脳炎。
体の痙攣が徐々に進行し、次第に体を動かすことができなくなってしまい、やがて脳の機能も停止してしまう、と考えられていた。

そして、30数年後、嗜眠性脳炎患者が入院している病院に勤めるようになった著者は、パーキンソン氏病の治療薬として開発されたLドーパが有効であるかもしれない、と考え、患者に投与しはじめる・・・


オリヴァー・サックスの本は割りとよく読んでいる。
映画の「レナードの朝」を見たのがきっかけで、その原作である本書を読み、その後「火星の人類学者」「妻と帽子を間違えた男」と読み進めていった。

「火星の人類学者」「妻と帽子を間違えた男」は、患者のエピソードが主であるが、本書は、患者達の症例以外にも専門的な事も書かれているので、内容は難しい部分もある。

ただ患者の症例の部分だけでも十分、面白い。
映画では、薬に対する患者達の反応は同じように描かれていたが、実際は、まるで異なるものだったらしい。
中には、文字通り「飛び起きた」人もいたそうだ。


薬のおかげで退院することもできた人もいれば、感情の起伏が激しすぎるようになってしまった人もいた。

悲しいのは、現実に対処できない(患者にしてみれば、気が付いたら30年近い年月が経っていた)ので、自ら望んで薬を中断した患者もいたということだ。
薬の効果との折り合いをつけることができたのは、ごくわずかだったらしい。


考えさせられるのは、薬以上に効果があったのは、「人との触れ合い」だった、という点だ。

薬によって症状が改善したため、長年、会っていなかった家族と再会すると症状が安定するが、家庭や職場など、「自分の居場所」が見出せないと、いくら薬の量を増やしても悪い症状ばかり出てしまったそうだ。

映画の方でもラストで、「”人の心”がなによりの薬だった」という旨の台詞が出てくるが、やや唐突なので、意味する所が分かりにくかった。
が、原作のこの部分を読んだことで、ようやく腑に落ちた。

ありふれた言葉だが、人は人なしでは生きていけないのだ、という事がつくづく思い知らされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/05 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/03 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/02 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/02 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/06 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/24 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 NF ランキング

ハヤカワ文庫 NFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む