サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暗室
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:19cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87728-957-7
  • 国内送料無料

紙の本

暗室

著者 小林 紀晴 (著)

スイッチをオフにする。明かりが消える。闇が部屋の隅までいきわたっていく。僕はこれまでにどれほどこのことを、繰り返してきただろうか。心の闇に誰もが抱える喪失感、そこから生ま...

もっと見る

暗室

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スイッチをオフにする。明かりが消える。闇が部屋の隅までいきわたっていく。僕はこれまでにどれほどこのことを、繰り返してきただろうか。心の闇に誰もが抱える喪失感、そこから生まれる希望の光。心に響く7つのストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ゼンアン 9-38
ジドウゲンゾウキ 39-72
シンブンコウコク 73-94

著者紹介

小林 紀晴

略歴
〈小林紀晴〉1968年長野県生まれ。東京工芸大学短期学部卒業。新聞社勤務を経て写真家。著書に「東京装置」「アジアの少年」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

暗室とは光を定着させるために闇で処理する場所、そこには人の闇も潜んでいる。

2001/03/25 20:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:澤木凛 - この投稿者のレビュー一覧を見る


 日の当たる部分がまぶしいのはあたらない部分の暗さがあるからだ。黒い部分があるからこそ白の部分が際だつ。同じ白さでも隣にある色がもっと白いか、もっと黒いかで見え方が変わってくる。闇があるから光がまぶしい。その闇には一体、なにが潜んでいるのか。

 この本の構成は非常にわかりやすい。題名の通り、全くの暗闇である暗室を描くことで、光に照らされた部分を切り出そうとしている。彼が描きたかったのは普段日があたることのない「陰」の部分だ。小説は自分の周囲にあった話をモチーフに7つの短編から描かれている。全てが写真に関わる人々の話であり、彼らの共通項として存在しているのは暗室だ。現実の断片を切り取る写真、それは撮っただけでは切り取ったことにならない。一度暗室という一切光を遮断した闇の世界で「処理」して初めて白日にさらされる。写真という現実を達成させる瞬間が闇であること、それ自体がきわめて暗喩的である。

 この作品に出てくる人々はどこか心に闇を抱えている。いや、全ての人が心に闇を抱えているのだろう。それを暗室という真っ暗の世界が引き出してしまう。普段はけっして出てこない闇の部分。それはひどく醜い形をしているし、奇怪でもある。ただ、それを描くことで初めて人間の光の当たっている部分がまぶしく見えるのだ。小林氏はそういう人間の陰の部分を「写真」と「暗室」という二つの視点で切り取っている。実にわかりやすく、それでいていろいろ考えさせられる。

 闇をもたない人間は薄ぺっらに見える。写真と同じでコントラストが小さいと単調になってしまうからだ。だが、度を超すとそこにうつる姿はコントラストの強すぎて不自然さを残してしまう。すべてのものが強く隈取りされたような歪なものとして目に映る。闇の部分を描くことは非常に難しい。それを出すことで明るい部分は強調されるが、あまりにも出しすぎると見る方は目を背けてしまう。この作品集が全体的に暗い感じで仕上がっているのは、あえて闇の部分を切り取ったために全体の明度を抑えたからだろう。これ以上のコントラストは異形になる。それがわかっているのは氏が写真家だからだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せっかく暗室なんだからエロにしちゃった方がまだ潔いよ

2002/08/20 17:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃりン子@チエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小林紀晴の代表作である「アジアン・ジャパニーズ」を私は読んでいないし、話題になった「写真学生」も読んでいない。だから、この作者のことはよく知らないのだが、この本を読むと興味が失せる。小説はあまり読まないのだが、あまりにも適当じゃないか、これ。いいのか?
 突然だが、私も大学で写真部に所属していた。だから、この本にでてくる人間たちが、著者が何らかの形で見聞きし、経験したエピソードを元に作られているのは容易に想像できたし、実際そうらしい。この小説の特徴を人に伝えるときに多くの人は「作者自身の体験に基づいたリアルな人物像」という表現を使うだろう。
 確かにいそうな感じの人間ばっかりなのだ。屈折した人間関係とか、何者でもないことを自覚せざるをえなくてボーゼンとする人とか。しかし、
「だからなんなんだ」
 リアルな雰囲気はあるが、この本には主題がない。ただの情景描写だ。登場する人物たちは、本当に喋っているだけ、自分の感情を吐き出しているだけで、それ以上のものは何もない。ただ、暗室、写真展、という状況が少しばかりロマンチックなだけだ。下に掲載されている書評の方がテーマがある分面白い。
 一言で表すならば「小林紀晴、若気の至り」
 青春にありがちな失敗作。
 何だかな、せっかく暗室なんだからエロにしちゃった方がまだ潔いよ。「紅く染まった暗室の下で、僕らは…」とか。アホか、わたしゃ。でも、自慰的という意味ではそんなにこの本の在り方と変わらない気がするけどねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗室で行われていること

2001/01/17 23:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『ゼンアン』とは、完全な暗闇のことを表す写真用語らしい。その中では体の感覚というのはあるのだろうか。意識だけが浮かんでいるような状態なのだろうか。目を閉じてみても想像できないその世界を、一度経験してみたいと思う。

 すべて写真にまつわる話である。カメラマンのアシスタントや写真館の受付、暗室助手など、登場する人間はみんな失ったものの代わりを求めている。しかし自分が何を求めているのかわかっているわけではなく、ただ都会の中を漂っている。目の前にある光景に対し、瞬間的にシャッターを切るだけだ。感覚のみが流れていく。

 ここにある7つの話は、著者と関係している人たちに実際に起きたことだそうだ。物語はさまざまな場所でひっそりと展開しているらしい。薄紙にこぼれた液体がにじむように、じわじわと広がっていく。文章の間には、いくつもの暗室と首から上が切れた人間の写真が続く。

 料理人にしろ、格闘家にしろ、椅子職人にしろ、 ひとつのことを突き詰めていくと普遍的な世界があらわれるという。写真家である著者は、暗室という狭い空間ですべての出来事を現像し、焼き付ける。誰からも見られることのない作業によってこの本は仕上げられ、私たちの目の前に並べられている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/12 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る