サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋じゃなくてもいい(パレット文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: パレット文庫
  • サイズ:15cm/197p
  • ISBN:4-09-421034-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

恋じゃなくてもいい (パレット文庫)

著者 鹿住 槇 (著)

恋じゃなくてもいい (パレット文庫)

504(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

パレット文庫 恋じゃなくてもいい

302 (税込)

パレット文庫 恋じゃなくてもいい

ポイント :2pt / 紙の本より202おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悠の言葉に心洗われる気持ち。

2001/02/10 17:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaede - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高2の岩城悠(ゆう)は、女優の隠し子。
 2年前から不登校になりすました不思議な男子が、突然悠の学校に現れた。
 いったい何のために・・・?
 シリーズ第1作ということで、やっと恋愛のレの字が始まったぐらいのこの作品。
 恋愛感情だってまだ不確かで、謎の転校生の正体も、全体的に出番が少なく今一つよくわかりにくい。
 それでも好感の持てた作品だったのは、ひとえに悠の性格がよかったから。
 ただ好奇心旺盛なだけじゃない、疑問に思ったことには首を突っ込んでしまうくせに母親に知らされていない自分の父親の存在は聞けない。
 別に祖父母がいるからいいや、と言いつつも忘れられない疑問。
 また、窮地に陥っても、あまりに真っ直ぐな感性。
 その悠の言葉に心洗われる気持ちだっただろう悪い奴と一緒に
 読んでいるこちらまでさわやかな気持ちにさせてくれる作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんのりミステリー風味?

2002/05/26 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽこぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

悠は、不登校から復帰して学校へ出てきた藤間が、別人らしいと気がつく。根っから好奇心旺盛な悠は、藤間が本人じゃないという証拠を探り、本人に言い当てたはいいが、なんと逆襲にあってしまった。藤間に化けていた貴志は、悠が大女優の隠し子だという秘密を知っていたのだ。反発してた悠だけど、貴志は意外にいいやつだった。好奇心も手伝って、悠は貴志の秘密の調査に無理やり加わることに…。

悠がちょっと好奇心が旺盛過ぎる気が。ヒミツを知りたいからといって、学校へ忍びこんで書類をあさったりするのは、普通にはないことだと思うので、リアリティに欠けるし。展開も、セオリー通りで、ちょっとものたりない。事件が話の中心になってたのが残念。もっと悠と貴志のレンアイ中心のストーリーだったら嬉しかったな〜と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

友情と恋愛の中間点。

2001/05/26 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyagi aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2年ぶりに高校に登校してきた生徒が偽物だと見破った主人公は、彼の秘密を探るうちに実は理事長の孫だった偽者君と一緒に、現在後見人として事理長をやっている叔父の不正を暴こうとする …と、ここまで書けばまあ先も想像できるでしょう。この叔父サンが生徒を進学させる代わりに売春とかさせていて、主人公は誰にも内緒で自分がおとりになって証拠をつかもうとするが…というやつです。「わかってる、もうその先はわかってる」なんて呟きながら読みました(笑)
 全体的にそつがなくまとまっていて、特に粗があるわけではないけれど、好奇心旺盛で何事にも首を突っ込まずにいられない主人公がちょっとうざったい気も。シリーズものですが、この本では恋愛というより友情止まりかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女性向け ランキング

女性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む