サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代フランスを知るための36章
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 明石書店
  • サイズ:19cm/210p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7503-1281-9
  • 国内送料無料

紙の本

現代フランスを知るための36章 (エリア・スタディーズ)

著者 梅本 洋一 (編),大里 俊晴 (編),木下 長宏 (編)

「多国籍」性こそが、現在のフランスの特徴である。マルシェ、カフェ、現代建築、映画、フランス人の日本観など、「多国籍」性を背景に選んだ36の主題を通して、現在のフランスを紹...

もっと見る

現代フランスを知るための36章 (エリア・スタディーズ)

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「多国籍」性こそが、現在のフランスの特徴である。マルシェ、カフェ、現代建築、映画、フランス人の日本観など、「多国籍」性を背景に選んだ36の主題を通して、現在のフランスを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

梅本 洋一

略歴
〈梅本〉1953年横浜市生まれ。横浜国立大学教育人間科学部教授。
〈大里〉1958年生まれ。横浜国立大学助教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代フランスのあらゆる側面を知ることができる実践的フランスガイド

2000/08/21 23:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:瀬尾尚史(在パリ) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 各々がフランス留学経験を持ち、映画、音楽、美術を専門とする研究者達による、実践的フランスガイドである。
 第1部「ぼくたちのフランス体験」では、編者3人の対談であり、それぞれの留学時代の体験談が収められている。第2部「パリの暮らし」ではカフェやマルシェ、アパートの探し方といった、パリで生活するための基本的な「知恵」が記されている。第3部「パリ 芸術と文化の首都」を読めば、映画、演劇、建築、音楽といった、今も尚、時代の先端を行くフランス文化の現在を知ることができるだろう。各章は4ページ足らずなので、概略的記述に留まらざるを得ないが、それでも各人の専門分野だけに、ありきたりのフランス・ガイドとは異なる高いレベルの記述を多く含んでいる。第4部「日本とフランス」では日本人のフランス観(あるいはその逆)や、日本に居ながらにしてフランスに触れる方法が紹介されている。
 本書はフランスに興味を持つあらゆる人達に役立つものだ。これからフランスに来ようとしている人達(たとえそれが旅行であれ、留学であれ)、私の様に現在パリで生活する者、更には、フランスへ行く予定は無くともフランス文化に興味を持ち、フランス映画やフレンチ・ポップに日常的に触れている人。こうした人達のフランスへの興味を更に掻き立ててくれる。
 しかし、フランスで生活するとなれば決して楽ではない。そのための条件として、ひたすら強調されているのは「フランス語学習の必要性」だ。それ無しには有意義なフランス生活など不可能なのであり、フランス人との「闘い」を切り抜ける事などできないのだと述べられている。巻末の「外国に留学することは、日本社会への不適合に対する逃走線ではありえない」という梅本洋一氏の言葉は、私自身を始めとする多くの在仏日本人留学生やこれから留学しようとしている人達が反芻する必要があるだろう。
 本書は、様々な役立つ情報を含んだ楽しめる読み物であると同時に、フランスへの「甘い幻想」などとは無縁なフランスの「現実」を知ることができる本なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む