サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世紀を超えて建設CALS/EC実現への取り組み
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:実務家
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 日本建設情報総合センター
  • サイズ:30cm/139p
  • 利用対象:実務家
  • ISBN:4-89106-146-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

世紀を超えて建設CALS/EC実現への取り組み

著者 日本建設情報総合センター (編集)

公共事業に係わる人々が建設CALS/ECに対する理解を深められるよう、日本建設情報総合センターが主催したセミナー「建設CALS/ECミレニアム」における各講演のレジュメを...

もっと見る

世紀を超えて建設CALS/EC実現への取り組み

5,400(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

公共事業に係わる人々が建設CALS/ECに対する理解を深められるよう、日本建設情報総合センターが主催したセミナー「建設CALS/ECミレニアム」における各講演のレジュメをまとめたもの。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

建設CALS・ECと標準化について 島崎敏一 著 9-22
建設CALS・ECの第2フェーズの取り組み 深沢淳志 著 23-38
情報化政策と電子政府の実現への取り組み 木村雅昭 著 39-64

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

建設界を大きく変えようとしている「建設CALS/EC」最新・ミレニアム講演録

2000/10/05 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松家 克 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 建設CALS/EC(CALS:Continuous Acquisition Life-cycle Support=生産・調達・運用支援統合情報システムあるいはCommerce At Light Speed:高速商取引/EC:Electronic Commerce=電子商取引)の最新講演録のレジュメ。建設界でも情報技術関連の専門分野で業務をしている人にお薦めの小冊子である。
 1985年に米国国防省で,軍需物資の調達を高度化するために運用され始めたといわれるCALSは,その後,産業界へと導入が図られ,実用段階へと駒を進めている。
 一方,日本では,建設省が主導する建設CALSについては,公共事業の発注を中心に研究が進められ1996年に,「建設CALS整備基本構想」が,閣議決定されている。これを踏まえ,アクション・プログラムが1997年に策定されており,2001年までに一定規模の工事などには,電子調達システムを導入,2004年までには,一定額以上の建設省直轄工事事業のすべてでの適用を図り,統合データベースの整備も完了するとしている。民間でのASPの最新動向と合わせ,この講演録は,見過ごせない資料と言える。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

建設・土木 ランキング

建設・土木のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む