サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いのせんと・わーるど(講談社X文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社X文庫
  • サイズ:15cm/277p
  • ISBN:4-06-255473-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

いのせんと・わーるど (講談社X文庫 White heart)

著者 かわい ゆみこ (著)

いのせんと・わーるど (講談社X文庫 White heart)

594(税込)

ポイント :5pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

硬質の素晴らしさ

2001/08/07 08:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miho_tokeshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 全体的に硬質の文章と、鋭い線を持つ石原理の挿絵。その2つが上手くはまり、相乗効果で、作品を素晴らしいものにしています。

 検察庁をテーマに、過去にとらわれる先輩検事(伊能)と切れ者後輩検事(野々宮)が、過去の傷に向き合いながら底の見えない事件の闇に挑んでいくというこのジャンルにしてはなかなか渋い(笑)内容。よって、人によっては「…意味わからん」「内容が硬すぎ」と思う人もいるかも。

 しかし、しっかり書き込まれた検察の組織構造・主人公らが追う事件は、まったく法に無知な私にも興味深く、面白い。事件の核心に迫ってゆくにつれ、私の心臓もドキドキと高まるばかり…。ヘタすれば恋愛の描写より、ドキドキしたりして!?

 事件ものとしてもちゃんと(?)面白い素晴らしいボーイズラブ。そんなの滅多に出会えません!! 予定では全3巻らしいですが、ぜひぜひこの機会に読んでみては…?満足すること間違いなし。と、思います。もちろん、恋愛モノとしても良いですよ(ホント!)。ご一読あれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この世代の男性のお話、好きです!

2001/06/23 08:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:淳弥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大人のオトコのお話でした。学生の時代は過ぎてっしまった。でも、まだオヤジの年代ではない。そういう時期の、いろいろな面での過渡期とでもいうのでしょうか? その世代を描いたお話には、非常に惹かれます。
 伊能と野々宮と渡瀬の微妙な関係…。想いすぎて、好きな感情がつのりすぎて、臆病になってしまっていく心。失うのが恐ろしくて、行動を自分から起こせない…。相手から起されても、それから逃げていってしまう…。そんな風にヒトを想い、愛すること…その微妙な移ろう心、が、非常に丁寧に書かれていて、まさに敬服です。
 かわいゆみこさんの小説は、このお話で初めて読ませて頂いたのですが思いっきりファンになってしまいました。続編の「深海魚達の眠り」もさっそく読みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

野々宮は特にイラストとイメージがぴったりだ。

2001/11/04 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亀豆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 中学の頃から伊能は渡瀬のことが好きだった。しかし、同姓の親友への想いを罪深く感じるあまり、渡瀬から想いを告げられても、自分はそうじゃない、という顔を装い続けた。時間があると思っていたから。だが、渡瀬は突然事故で死んでしまう。一人残った伊能は自分を責め苛む。7年ぶりに再会した大学時代の後輩、野々宮はそんな伊能を救おうとする。一方で野々宮は、ありふれた保険金殺人事件に違和感を覚え、事件を追っていくが…。
 主人公二人の職業が検察官で、どちらかといえば地味で、厳しい雰囲気なだけに、伊能の苦悩と衰弱が強調され、痛々しい。伊能と野々宮の関係もこれから、という感じで、さらに事件の謎についても、まだまだピースさえも揃っていない状態なので、面白くなっていくかどうかもこれから、だろうと思う。
 全3巻の予定らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/12 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/01 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/26 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る