サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

忘恋奇談(講談社X文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社X文庫
  • サイズ:15cm/417p
  • ISBN:978-4-06-255464-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

忘恋奇談 (講談社X文庫 White heart)

著者 椹野 道流 (著)

忘恋奇談 (講談社X文庫 White heart)

994(税込)

忘恋奇談

810 (税込)

忘恋奇談

ポイント :7pt / 紙の本より184おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こっくりさんの呪い!?

2002/12/26 15:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:林田リンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『こっくりさん』…誰でも一回くらいはやったことがあると思います。
今回は最初からなかなかシリアスで始まります。
 仕事内容が、天本さん一人で行うものだった。断ると思いきや承諾する天本さ
 ん。それに対し敏生は怒ってしまい、天本さんに黙って家出してしまいます。
二人はどーなるのっ!?とかなりあせります。(私があせってどーする!!)
しかたなく一人で仕事に行く天本さん。
そこで見たのは『こっくりさん』に熱中する女子生徒。そして『霞波』にそっくりな生徒だった…。
敏生と天本さんは仲直りできるのか? そして明かされる天本さんの過去。『霞波』のこと!
奇談ファンは必ず読むことをオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こっくりさん

2002/07/03 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:流水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

押屋女子学園高等部の生徒が二人、謎の言葉を残して死んだ。『蛇が来る。怖い!』と(?!)。二人に共通しているのは、こっくりさん遊びに熱中していたこと。調査に赴いた天本は、水田桐枝という生徒を見て驚いた。昔の恋人で悲惨な死をとげた霞波と生き写しなのだ。桐枝は事件と関係があるのか? そして敏生は天本の悲しい過去を知ることになる。
…こっくりさんって、もう遥か昔の遊びだったような気がします。この本の発行は2000年5月。今これをやるのは古い感じがする。こういう学校伝説的なホラーは出尽くしている。新しいものを読みたいなあと思う。しかし、人物関係はしっかりかけていたと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/02 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/16 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る