サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国連安保理と日本 常任理事国入り問題の軌跡
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/262,53p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-022809-9
  • 国内送料無料

紙の本

国連安保理と日本 常任理事国入り問題の軌跡

著者 R.ドリフテ (著),吉田 康彦 (訳)

冷戦後の世界で、国連安全保障理事会はいかなる役割を果たしうるのだろうか。日本外交にとって、安保理常任理事国入りが三十年来の悲願であったことを、膨大な資料と証言に依拠して描...

もっと見る

国連安保理と日本 常任理事国入り問題の軌跡

3,240(税込)

ポイント :30pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

冷戦後の世界で、国連安全保障理事会はいかなる役割を果たしうるのだろうか。日本外交にとって、安保理常任理事国入りが三十年来の悲願であったことを、膨大な資料と証言に依拠して描き出し、日本の国連外交の実像に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

R.ドリフテ

略歴
〈ドリフテ〉1951年生まれ。ドイツ・ボーフム大学卒業。早稲田大学等に留学。現在、英国ニューカースル大学教授、東アジア研究センター所長等を務める。著書に「21世紀の日本外交」。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本経済新聞2000/6/18朝刊

2000/10/21 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:原田勝広 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 不思議なことだが、国連安全保障理事会の改革問題は、六年以上の論議を経た今もなんら進展らしきものがない。当然の結果として日本の悲願である常任理事国入りも宙に浮いたままだ。国連を必要以上に理想視するばかりで、具体的な情報に乏しい日本国内では、ニューヨークの国連本部でいったい何が起こっているのか理解しにくい。
 なぜ、米国に次ぐ多額の分担金を支払っている日本に「晴れがましい席」が用意されないのか。常任理になったら、国連平和維持活動(PKO)に自衛隊を送る義務があるのか。米政府は日本の立場を支持してくれるのか。こうした不満や疑問に対し、著者は、内外の膨大な資料と証言を駆使しながら、改革の交渉の生々しい舞台裏を見せることで的確かつ詳細な答えを用意してくれる。
 例えば、日本は国連に財政的に貢献しているという常任理入りに有利な事実でさえ、「安保理の議席は売りに出されているのか」というイタリアの無体な批判にさらされるという意外な事実が紹介される。経済力と威信確保だけを常任理入りのテコにして、安保理改革に対する理念や政策を欠いた日本の姿勢そのものが問われているといった著者の問題提起や指摘が間断なく続き、読者は自然にこの歴史ドキュメントともいえる安保理改革物語の世界に引き込まれていく。
 改革論議は、大国協調システムの再構築か、加盟国の声を反映させた民主的な安保理にするかの間で微妙に揺れる。このボタンの掛け違いが、既得権者と国益を損なう恐れのある国々が、ともに改革の足を引っ張る事態につながっている。その加盟国同士のせめぎ合いが読ませどころでもあるが、一読しての思いは、チャンスを目の前にしながらの、日本外交における政治的リーダーシップの欠如へのいらだちであり、国連の威信がその輝きを確実に失いつつあることへの驚きだ。さて、日本はこのまま行くのか、別の道か。九月の国連ミレニアム・サミットを前に考える糧となる一冊である。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む