サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 洋泉社の通販
  6. ニーチェって何? こんなことをいった人だの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ニーチェって何? こんなことをいった人だ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-463-5
新書

紙の本

ニーチェって何? こんなことをいった人だ (新書y)

著者 榎並 重行 (著)

哲学者ニーチェが何と格闘してきたのかを我々は知らない、我々はいかにしてニーチェを知らずして彼を読んできたか…。従来の研究とは異なる視点から、ニーチェを読むことにおけるニー...

もっと見る

ニーチェって何? こんなことをいった人だ (新書y)

734(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

哲学者ニーチェが何と格闘してきたのかを我々は知らない、我々はいかにしてニーチェを知らずして彼を読んできたか…。従来の研究とは異なる視点から、ニーチェを読むことにおけるニーチェ的なあり方を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ニーチェって打検士なんだね

2001/02/11 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 序「少女と覆い」と第一章「認識」まではコクがあって結構よかった。第二章「真理」、第三章「道徳」、第四章「意志」でちょっとダレて(著者の語り口がハナについてしまったのだ)、後語「槌(ハンマー)とハエ」でイキをふきかえした。

 気にいらないところも多々あったけれど、「後語」に出てくるいくつかの話題、たとえば「ニーチェは多様な声で語る」とか、哲学は覆いをはがすことではなくて、『偶像の黄昏』の副題にあるように槌(ハンマー)を持ってすることだ──《つまり、ニーチェって打検士なんだね。普通は輸入缶詰など叩いて、その音とか振動から中身の状態を察知する打検士、ニーチェが叩くのは人間や真理といった価値だけど、どちらも音を聴くより、音を立てる仕事である点で一致する。/ただ、缶詰なら中身が問題なんだけど、人間や真理については仮面とか、皮膚とか、覆いとか、むしろ表面で起こっていることこそが、とらえられる必要がある。》──云々だけでも、そして(カントを中間において、スピノザとの関係で)ニーチェへの関心を高めてくれた刺激剤として、読む「価値」はあった。

 本書の、というよりニーチェのキーワードは「生存条件」なのだと思う。(ところで本書の章建ては、どことなく『善の研究』の構成、第一編「純粋経験」第二編「実在」第三編「善」第四編「宗教」を思わせるところがあると思った。が、これはたぶん勘違いだろう。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/03 06:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/28 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/19 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。