サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

歴史と出会う
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-462-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

歴史と出会う (新書y)

著者 網野 善彦 (著)

歴史家・網野善彦は、厖大な読書量とさまざまな人々との出会いから、歴史研究の枠をはるかに凌駕する成果を得た。彼の短文・対談・インタビューなどを編集。歴史を研究することの愉し...

もっと見る

歴史と出会う (新書y)

713(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歴史家・網野善彦は、厖大な読書量とさまざまな人々との出会いから、歴史研究の枠をはるかに凌駕する成果を得た。彼の短文・対談・インタビューなどを編集。歴史を研究することの愉しさを教える。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

人生とともにある読書 12-16
自分の「眼」で本を読む 17-26
アジアと日本の〈海の民〉 鶴見良行 対談 27-47

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

士農工商はイデオロギーであり、実態ではなかった

2009/08/25 00:32

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は網野善彦(2004年に亡くなられた)となっているが、彼が書いた本というよりは、「出会い」をキーワードに彼の評論文や対談などを寄せ集め、構成した本である。縄田一男や北方謙三、宮崎駿との対談もあって興味深く読ませてもらった。
 3章の冒頭では意外にもアニメ映画「もののけ姫」に対する評論が書かれている。網野はこの映画を次のように観た。人間は自然を殺して生きてきた。「しかし自然はそんなにヤワなものではありませんから、殺しても殺しても生き返る強靭な生命力を持っている。人間自身もそれは同じだ」ということを表現していると。自然も、その一部である人間も逞しい。だからといって人間が反省もなく、従来どおり自然破壊することを認めているわけではないだろう。
 4章では学問のあり方について次のようなことを言っている。急速に変貌しつつある日本社会において学問がなすべきことが多いと言い、「狭い専門領域にとじこもっていてのでは、もはやこの状況に対応できない」「異なった学問の間の緊密な協力」が必要としていると。逆説的ではあるが、そのためにも「自らの方法を一層鍛え、独自な分野を深く掘り下げる」ことが求められるとし、そうなって初めて真の交流や協力が達成できるとしている。
 ますます複雑化する世の中で一人の人間に出来ることは限られている。だからこそ各自が得意分野ごとに役割を分担し、協力し合うことで、効率的になり、新たなアイデアや相乗効果も現れてくるだろう。これは学問の世界だけの話でなく、ビジネスの世界や公的なサービスなどでも同様だろう。社会を良くし、幸せに生きていくためには皆が持つべきマインドである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/03 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/27 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/24 06:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む