サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 東洋経済新報社の通販
  6. トラックのない運送会社 驚異の非常識経営の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トラックのない運送会社 驚異の非常識経営
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-492-97014-2

紙の本

トラックのない運送会社 驚異の非常識経営

著者 西原 克敏 (著)

起業から15年で売上高200億円を達成! トラックを持たず、社員ドライバーもいない。物流ベンチャー成功の要因は「非常識経営」にあった。軽貨急配のこれまでの軌跡と、試行錯誤...

もっと見る

トラックのない運送会社 驚異の非常識経営

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

起業から15年で売上高200億円を達成! トラックを持たず、社員ドライバーもいない。物流ベンチャー成功の要因は「非常識経営」にあった。軽貨急配のこれまでの軌跡と、試行錯誤を繰り返してきた社長の人生を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ストーリー性はあると思いますが

2002/04/13 10:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Masato - この投稿者のレビュー一覧を見る

 そのタイトルの通りトラックのない運送会社とはどう言ったものかを知りたく本書を購入しました。本のシリーズの通り「非常識経営」の1つだと思いますので、その仕組みを知りたいと思っていましたが、全体的には西原氏の今までの経緯というか人生を語った本という印象を受けました。

 もう少し物流というものに対して深く突っ込んだ内容を期待していたので、やや期待外れというのが正直なところです。しかし、社会慣習にとらわれず新しいものを模索し作り上げていくという本書のストーリーについては、チャレンジ精神を掻き立てられるという意味では良書と言えるかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/6/19

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は物流ベンチャー、軽貨急配の社長。同社は軽トラック所有者と契約を結び、委託事業主として荷物を運んでもらうアウトソーシングシステムで急成長を遂げ、売上高は200億円を超えた。本書は同社のこれまでの軌跡、経営者としての著者の試行錯誤を綴った回想記である。
 学歴コンプレックスに取り付かれ、転職を繰り返していた著者の転機は、トラックドライバーとして佐川急便に入社したこと。「人の2倍働けば3倍の給料をやる」という社風の中で、遮二無二働く一方、「運ぶ荷物はあるのに運ぶ人がいない」運送業界の現状を目の当たりにした。合理的なシステムを作り上げながら、運送市場で事業を起こそうと独立。1987年に軽貨急配を設立する。
 以後、コンピューターシステムを活用した効率的な荷主の開拓、荷物をたくさん積める軽トラックの独自開発、24時間サービスの導入などで業績を伸ばす。株式公開を勧めたベンチャーキャピタリスト、委託事業主への資金を融資してくれた信販会社の支店長といったキーマンとの出会いも披露しながら、同社の成長の過程を飾らず、ありのままに描いている。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

根性とアウトソーシング戦略のサクセスストーリー

2000/07/09 01:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊藤雄一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 金がないなら、知恵をだせ。知恵がなければ、汗をかけ。というのが、中小企業経営の鉄則。この本は一生懸命に汗をかいているうちに知恵が生まれ、知恵が金を生んだという運送会社社長のサクセス・ストーリーだ。
 四国の貧乏家庭出身、高卒のコンプレックスから、8回の転職を繰り返し、20代終わりにやっと佐川急便の運転手に落ち着く。しかしそこもまた、サラリーマンの世界であることに変わりはなく、「根性」が支配していた。
 バブル景気の始まりのころ、運送業で独立することにしたものの、顧客がいて荷物はあるけれど、運ぶトラックも人もない。手持ち資金はわずかに300万円。ここで知恵を働かせた。軽トラックを所有する人と契約を結び、委託事業主となったその人に荷物を運んでもらえば、いいではないか。「オーナーオペレーターシステム」の誕生だ。
つまり請け負った仕事を自分でこなさずに下請けに出す。アウトソーシングである。そして12年で、売上高212億円、経常利益18億円を達成、今や株式公開を目前にする。
これから独立・開業を考えている人に、勇気を与えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

交通・運輸 ランキング

交通・運輸のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む