サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日米同盟の絆 安保条約と相互性の模索
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 有斐閣
  • サイズ:20cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-641-04976-9
  • 国内送料無料

紙の本

日米同盟の絆 安保条約と相互性の模索

著者 坂元 一哉 (著)

【サントリー学芸賞(第22回)】21世紀の日米安全保障協力のあり方を考えるための準備作業として、日米間の「物と人との協力」という基本構造がどのように誕生し、確立したのか、...

もっと見る

日米同盟の絆 安保条約と相互性の模索

3,024(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【サントリー学芸賞(第22回)】21世紀の日米安全保障協力のあり方を考えるための準備作業として、日米間の「物と人との協力」という基本構造がどのように誕生し、確立したのか、その歴史を戦後初期の日米関係の中で振り返る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

坂元 一哉

略歴
〈坂元一哉〉1956年福岡県生まれ。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。三重大学人文学部助教授等を経て、現在、大阪大学大学院法学研究科教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本経済新聞2000/6/4朝刊

2000/10/21 00:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊奈久喜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日米安全保障体制の形成過程は、外交史としての研究対象の領域に入ったのだろう。本書は、サンフランシスコ講和条約とともに一九五一年に結ばれた旧安保条約、六〇年の現行安保条約がどうできあがったかを日米双方の文書を丹念に調べた結果をもとに考察した労作である。
 占領軍による戦後日本の非武装化、憲法、それに逆行する方向で深まる冷戦状況のなかで日米の当局者は、日本の政治情勢や世論、米国の軍事的要請を背景に意見をぶつけあった。多くは、日本が基地、米国が軍隊を提供するという安保体制の「非対称な相互性」のためだった。
 学問的な意味もあるのだろうが、それだけでなく、本書は読み物として面白いのも確かである。安保条約の条文を読んだことのない一般の読者にとっては、いくつかの意外な事実に驚かされる。
 例えば、現行の安保条約第一〇条に「この条約は、日本区域における国際の平和及び安全の維持のため十分な定めをする国際連合の措置が効力を生じたと日本政府及びアメリカ合衆国政府が認める時まで効力を有する」とある。旧安保条約第四条の類似の条文を継承したものであり、五〇年代初頭の日米双方の国連観がうかがえる。
 冷戦の深まりは、日本の再軍備を必要とさせ、憲法第九条が障害とされた時期があった。米統合参謀本部には改憲が実現するまでは講和交渉はすべきでないとの研究結果もあったという。時期は違うが、鳩山政権のもとで対米自立外交を進めようとした重光葵外相は対米交渉で現行憲法下でも海外派兵が可能との見解を述べたという。
 安保問題は国際問題でもあり、内政問題でもあった。程度は違うかもしれないが、それは今も変わっていない。吉田流の対米協調路線と鳩山流の対米自立路線の二つの流れは、様々な形で混じりあいながらも、現在に至っている。総選挙の結果できる政権は、どちらの色合いを濃くするのか、それは憲法論議や日米関係をどう展開させていくのか。そんなことも考えさせられる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/14 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。