サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

組織の興亡 日本陸軍の教訓
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: ワック
  • サイズ:20cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89831-015-X

紙の本

組織の興亡 日本陸軍の教訓

著者 日下 公人 (著),三野 正洋 (著)

日本陸軍は、史上最悪の欠陥組織であるというマイナス評価が目立つ。しかし、勝てば何でも良くて、負けたらすべてがダメというのでは、なにも学ぶことができない。旧陸軍への新見解を...

もっと見る

組織の興亡 日本陸軍の教訓

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本陸軍は、史上最悪の欠陥組織であるというマイナス評価が目立つ。しかし、勝てば何でも良くて、負けたらすべてがダメというのでは、なにも学ぶことができない。旧陸軍への新見解を提示し、現在への教訓を引き出す試み。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日経ビジネス2000/9/25

2000/10/31 21:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:草野 厚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著名な経済評論家と、科学者の視点から日本軍を分析してきた研究者による日本陸軍の解剖である。対談は、1人の著者の書き下ろしとは異なり、ゴールに向かって議論が展開しないということがままある。論旨がつかみにくいのである。しかし、2人の会話のやり取りがうまくいくと、読者を飽きさせない知的論争となる。本書はそうした好例と言えよう。日本軍について、それほどの知識がない人にとっては、手に取る価値のある本だ。第1部陸軍の時代は満州事変から太平洋戦争まで6章を使って歴史を振り返り、第2部組織の本質は、決戦思想の組織と結果や、兵器の評価法など4章を割いている。
 問題意識は鮮明で、これまで海軍に比べて批判的に捉えられてきた陸軍の見直し論である。日下氏の思い入れは「日本陸軍はすごい。集団降伏や集団脱走は一件もなく、兵は戦死と餓死を目前にしても命令に背かなかった」という言葉に明らかだ。他方、三野氏は、日下氏より陸軍に批判的である。しかし両者の議論は、次第に陸軍の無謀な戦争を遂行した理由の解明に進む。もっとも感情的なあら探しの議論でなく、数字に基づき分析しているのが特徴だ。確かに陸軍が太平洋戦争末期に、350万人もの兵員(国鉄職員が最大時で35万人)を抱えていた巨大組織であり、失敗の原因が急膨張したゆえの歪みであることは案外忘れられている。
 驚いたことに、350万兵力のうち、最大時で百数十万の兵隊をアリューシャン列島から、インドまでに送ったという。面積で言えば、世界の20分の1である。この数字だけで、陸軍の無謀さが分かるとし、三野氏は、中国との戦争を終えてから、石油のあるインドネシアなどにのみ、進出すべきであったと述べる。結果的に、そうした決定は行えなかった。ここから、大きな難問が片付かないまま新しい分野に踏み出すのは、より大きな問題を抱え込み、失敗に至る可能性が高いこと、小さな成功を過大に評価し、自己の実力以上に手を広げるのは危険であるとの、現在の企業経営にも通ずる教訓を導く。
 海軍と陸軍の組織間対立から不可能であったと断じつつも、三野氏は、航空機の標準化を英国軍のように両軍が進めれば、日本ははるかに生産効率を高めることができ、大戦争に挑むことができたとする。もっとも、本書が戦争賛美でないことは言うまでもない。
 ただ、日下氏は義和団の乱の時など、陸軍は世界で一番紳士的な軍隊だと評価されたと言うが、なぜそうではなくなったのかという点については、もう少し深い議論が欲しかった。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

国防・軍事 ランキング

国防・軍事のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む