サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. 工学・工業の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. ドラゴンフライ ミール宇宙ステーション・悪夢の真実 下の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドラゴンフライ ミール宇宙ステーション・悪夢の真実 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-86058-4

紙の本

ドラゴンフライ ミール宇宙ステーション・悪夢の真実 下

著者 ブライアン・バロウ (著),小林 等 (訳),寺門 和夫 (監修)

有人宇宙飛行史上、もっとも危険な米ロ共同ミール・ミッションの恐るべき実態と、両国から見放され、最悪の事故からの自力の脱出を企てるクルーたちの絶望的な孤独と奮闘、奇跡的生還...

もっと見る

ドラゴンフライ ミール宇宙ステーション・悪夢の真実 下

2,592(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ドラゴンフライ 2巻セット

  • 税込価格:5,07647pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

有人宇宙飛行史上、もっとも危険な米ロ共同ミール・ミッションの恐るべき実態と、両国から見放され、最悪の事故からの自力の脱出を企てるクルーたちの絶望的な孤独と奮闘、奇跡的生還を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ブライアン・バロウ

略歴
〈バロウ〉ニューヨークの『ヴァニティ・フェア』誌特派員。『ウォール・ストリート・ジャーナル』元記者。共著書に「野蛮な来訪者」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

宇宙計画の生臭い実態を描ききった傑作

2000/07/09 06:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松浦晋也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロシアの宇宙ステーション「ミール」に搭乗したアメリカ人宇宙飛行士の記録。宇宙開発に興味のある読者のみならず、広く文化全般に関心のある方にお勧めできる本だ。
 地上約400kmの軌道を周回する「ミール」を巡って展開するのは、2つの生活習慣、2つの技術システム、2つの官僚機構のいがみ合い——つまるところ2つのアメリカとロシアという2つの文化の全面的な衝突である。その矢面に立たされたのは、狭いミールの中で異人種と鼻面つきあわせて4ヶ月以上を過ごす宇宙飛行士達だった。特
に、船内火災という危機的な状況に直面したNASAのリネンガー飛行士を描く部分は、リネンガーのエキセントリックな性格とあいまって、「事実は小説より奇なり」を実感させてくれる。
 多少、受けを狙ってきつめの形容を多用したか、と思わせる部分も見あたるが、終了間もない宇宙計画の生臭い実態を、内部事情も含めて描ききったことを評価したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/18 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/18 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

機械・機械製品 ランキング

機械・機械製品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む