サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 中央公論新社の通販
  6. 陳舜臣中国歴史短篇集 5 王朝推理篇の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陳舜臣中国歴史短篇集 5 王朝推理篇
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/371p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-490185-6
  • 国内送料無料

紙の本

陳舜臣中国歴史短篇集 5 王朝推理篇

著者 陳 舜臣 (著)

玄宗皇帝治世の前半、唐のメトロポリス長安。エキゾティシズム溢れる街で次々に起こる密室殺人事件に、謎の日本人青年賀望東の推理が冴える−。連作「長安日記」など、初期傑作ミステ...

もっと見る

陳舜臣中国歴史短篇集 5 王朝推理篇

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

玄宗皇帝治世の前半、唐のメトロポリス長安。エキゾティシズム溢れる街で次々に起こる密室殺人事件に、謎の日本人青年賀望東の推理が冴える−。連作「長安日記」など、初期傑作ミステリー10篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

長安日記 7-225
方壺園 226-275
獣心図 276-321

著者紹介

陳 舜臣

略歴
〈陳舜臣〉1924年兵庫県生まれ。小説家。歴史家。著書に「チンギス・ハーンの一族」「琉球の風」「山河在り」「風よ雲よ」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

わあゴチソー

2003/02/03 02:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MCN - この投稿者のレビュー一覧を見る

時は唐代、処は長安。即位間も無い英明青年皇帝玄宗の許で発展目覚ましい国際都市を舞台に、出自不明な大和貴種「賀望東」名門出だけど怠けモン小男警部「遥大鯨」グラマー名妓「小凱」のトリオが難事件に挑む歴史ミステリ連作「長安日記」をはじめ、密室殺人に絡む人間模様な「方壺園」、ムガル王朝タージ・マハル関連伝説の美女ミステリ「獣心図」、ウイグル美女脱出奇譚「四人目の香姫」、ぐっと下って日清戦争時兵営アリバイ譚「大南営」。絢爛豪華な往時描写に紛れそうですが、丹念に描写読み込んでくとコトの真相アリアリな作り、いずれも上質なミステリ。綺堂捕物帳が「江戸」往時な各々を描写しつつソレに寄り掛かるコトのなかったよーに、「読み物」としても一級。近年入手困難だろけどお取り寄せでも読む価値アリ、でっせアンタさん。ソレにつけても貴種流離譚アレンジな「賀望東」キャラ秀逸だ。ワキ固めな「大小」コンビもイイ。往時長安街賑わいとかも活写あまりにソコ行きてえ、とか思わせるイキイキ具合。中華新作ミステリ、勝手にアツく期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/20 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る