サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狐罠(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 54件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/511p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264854-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

狐罠 (講談社文庫)

著者 北森 鴻 (著)

狐罠 (講談社文庫)

832(税込)

狐罠

648 (税込)

狐罠

ポイント :6pt / 紙の本より184おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー54件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

魑魅魍魎が飛び交う骨董の世界を描いた、骨太のミステリー

2010/05/26 04:19

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:依空 - この投稿者のレビュー一覧を見る

冬狐堂シリーズの第一作目。魑魅魍魎飛び交う骨董の世界が舞台です。長い時間を経たものにはやはりそれなりの魅力と風格が備わっており、西洋東洋問わず、骨董品には強く惹かれるものがあります。しかし、骨董品を見るには、ものの良し悪しだけでなく、真作か贋作かを見極めるための確かな鑑定眼が必要とされます。

「目利き」が全ての骨董の世界。冒頭からも、頼りになるのは自分の“鑑定眼”だけだという、骨董業界の厳しさが伝わってきます。骨董業界を取り扱った作品を読んだのは初めてで、今まで知らなかった業界を覗けるだけでも興味深い作品だったのですが、鑑定だけでなくさらに贋作の世界にまで踏み込んでいったことでより展開が読めなくなり、ドキドキしながら読みました。確かに莫大なお金が動くせり場での駆け引きも緊張感があって面白かったですが、騙し騙されるという骨董の闇の部分は、まるで身を削られるような緊張感があり、一層引き込まれていきます。特に、贋作を作ることへの、異常ともいえるほどのこだわりとエネルギーには圧倒されてしまいます。その様子は、贋作であっても1つの美術品としての価値があるのではないかと思わせてくれるほどのものでした。

本書の主人公である宇佐見陶子は、この業界内で「旗師」という、店舗を持たず、一般客だけでなく業界間の品物の流通を手がけるバイヤーとして、業界内で凄腕と噂をされるほどの実績を上げています。本書は、その陶子が同業の『橘薫堂』から目利き殺しをかけられて贋作をつかまされ、彼女もまた己のプライドをかけて『橘薫堂』へ目利き殺しを仕掛けようとするところから始まります。さらに殺人事件や30年前の事件まで絡んできて、事態はより複雑になっていきます。様々な要素がかなり入り組んだお話でしたが、骨董の小説としても、ミステリー小説としても楽しめるようになっていて、読み応えがある作品でした。

骨董業界を取り上げたことで興味深く読めた作品でしたが、少し残念だったのは、ある登場人物の正体について最初の方で想像していたことがぴたりと当たってしまったことです。30年前の事件や他にも様々なお話が詰め込まれた凝った構成が面白かっただけに、残念な思いでした。そして陶子に関しては、罠を仕掛けるためとはいえ、贋作作りに手を出すことに中々共感しづらいものがありました。ですが、自分の“目”に自信を持ち、女性でありながら魑魅魍魎が巣食う骨董業界で強かに生きようとする姿は、同じ働く女性としてどこか眩しくも見えます。

骨董の世界で生きる陶子が、今後この世界でどのように生きていくのか、先が気になる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素人の敵わぬ世界が覗けます

2016/12/13 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後まで面白く読めました。
特に贋作作りの部分はとても興味深く、恐ろしい世界だなと。
TV「お宝鑑定団」などを見ていても、書画骨董の類は素人などが興味本位で手を出せば、高い授業料を払わなければならない世界なんだろうなとは想像がつきますしね。

これでキャラがもう少したっていて感情移入ができていれば、最高のエンタメだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冬の狐、古だぬきにリベンジ!

2002/07/15 03:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 銀座の骨董商「橘香堂」の主人・橘から目利き殺しを仕掛けられ、贋作をつかまされた冬狐堂こと宇佐見陶子は、元夫のプロフェサーDの助けを借り、贋作師の潮見老人と連絡をとって、目利き殺しを仕掛け返すことに。
 おりしも、橘香堂の女社員の田倉が刺殺される事件がおき、陶子に容疑がかかる中、自分の容疑を晴らし、なおかつ、橘香堂に新しく参入したという元・大英博物館のキュレーターである細野慎一の科学鑑定を欺き、橘にリベンジを果たすことができるのか?

 これは新刊の「狐闇」を読むために、読み直したものなのですが、2回目でも面白いものは、面白いのです!!
 女の細腕(?)で、騙し騙されの骨董の世界を生き抜いて行く宇佐見陶子が、かっこ良くて、思わずエールをおくってしまいます。

 一癖も二癖もある古だぬきを相手に、冬狐堂の活躍や、いかに!?


    初出「うたたね通信社」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/30 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/26 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/25 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/16 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/24 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/02 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/03 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/13 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/05 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/12 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/07 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/19 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む