サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自動鳥獣撃退装置
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 鳥影社
  • サイズ:20cm/180p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88629-488-X
  • 国内送料無料

紙の本

自動鳥獣撃退装置

著者 姫野 由宇 (著)

宅地化が進む都市近郊農村地帯で起きた、野鳥退治の新兵器をめぐる大騒動。天災か人災か? 人間のエゴイズムと環境破壊が、ブラックユーモアたっぷりに描かれる。【「TRC MAR...

もっと見る

自動鳥獣撃退装置

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宅地化が進む都市近郊農村地帯で起きた、野鳥退治の新兵器をめぐる大騒動。天災か人災か? 人間のエゴイズムと環境破壊が、ブラックユーモアたっぷりに描かれる。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

あれ、この本て『スケアクロウ』って名前で出ていなかったっけ?ま、タイトルが変わろうが、利権まみれの日本の地方政治って現状は、少しも変わらないけどね

2004/07/01 22:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《農村に新興住宅が混在し始めた有権者人口7千ほどの小さなK町。スズメの異常繁殖に手を焼いた町が農家保護のために選んだのは、間歇的に音を発する駆除装置だった》

異常繁殖したスズメ対策に、町が採用した駆除装置の効き目もあって、農家の人たちは一息つく。しかし水田の近くに自宅を建て或いは借家をしている新住民は、早朝から大砲並みの音で脅かされ、睡眠不足で勉強も手に付かない。文句を言おうにも、相手の農家は自分たちの大家。レッスンが出来なくなったピアノ教師は、堪らず町役場に乗り込んだ。

しかし、機械の採用を決めた農政課のピリド課長は、新聞の慶弔記事を読むことこそ自分の仕事と考える人間。主任のカンマ君は住民課のコロンとの情事のことしか頭に無い。陳情は聞いたものの、苦情を言うのはあなた一人とばかりに、真面目に取り合おうともしない。被害は遂に、子供達の心を蝕み始める。そんな騒ぎをよそに、利権アサリに余念がない町と役所を牛耳る町長や農業副委員長、そして農機具メーカーは、馬鹿げた機械の追加設置に踏み切る。

一時代前の小説といえばそれまでだが、そう言い切れないところが日本の現状にはある。警察や外務省の不祥事、年金がらみの身内への発注もだけれど、談合汚職も全く減る様子はない。金融機関の不正融資も、あいも変わらず全て情実がらみ。原発一つとっても、相変わらず「電気は必要、原子力は安全」を繰り返すだけ。しかも、核廃棄物処理は電力会社の費用ではなく、税金で処理し、原発の電気は安価とほざく。この本の苦々しいばかりの告発が、そのまま有効なのが現実だし、それは地方に行けば行くほど揺るぎが無い。

それにしても、後味が悪い本だ。むろん、それはここに戯画的に描かれる日本の現状のせいもあるが、第一は、一人として魅力的な人間が出てこないことだろう。あとがきで郷原宏はこの作家を褒め上げるが、1955年生まれを考えれば文章力は並。漱石ばりの人物表現とはいうものの、それは登場人物を、役職やあだ名で呼んで通しているということだけである。

むしろ、姫野と並んで持ち上げられている杉浦明平やきだみのるの作品が、現在では一顧だにされないという厳しい現実を直視すべきだろう。文章や主題は悪くは無いけれど、如何に描くかという点については、センスの問題だけでなく一考の余地がある。やっぱり、告発は粋でなくちゃあ、つまりませんやね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む