サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少子高齢時代の雇用問題
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
専門書

紙の本

少子高齢時代の雇用問題

著者 樋口 美雄 (編)

少子高齢社会に対応する雇用政策を提言する専門委員会での諸報告を編集した論文集。今日まで悪化してきた雇用・失業情勢の現状とその原因を解明し、雇用政策の抜本的見直しや、有効か...

もっと見る

少子高齢時代の雇用問題

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少子高齢社会に対応する雇用政策を提言する専門委員会での諸報告を編集した論文集。今日まで悪化してきた雇用・失業情勢の現状とその原因を解明し、雇用政策の抜本的見直しや、有効かつ適切な政策提言を行う。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

企業のリストラで失われたものをどう補うか 樋口美雄 著 1-22
労働力の需給見通し 木村文勝 著 23-32
産業構造の将来と雇用 山越徳 著 33-44

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

構造変化が進みつつある産業界における雇用問題のなかで,少子高齢化とかかわる部分について論及する

2000/10/06 15:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 労使・学識者で構成される社会経済生産性本部の雇用政策特別委員会の中に設置された専門委員会の報告書をまとめたもの。
 まず,最近の失業率の上昇について,「従来の産業で衰退して余剰人員を抱えるところと,新たな成長産業分野で人材が不足しているところが並存しており,その両者における労働力の質が異なるため,需給の調整が難しく,構造的な失業が増加する可能性が高くなっている」と指摘。
 興味深いのは第3章で,年金需給問題への危機感について,この危機感は平均寿命がこれからも延び続けることを前提にしていることに疑問を呈している。また人口の減少によって経済力が減少するという危惧に対しては,経済力の減少スピードを上回る速さで人口減少が進むなら,一人当たりの額はむしろ増えることになる,とする。さらに現在の人口密度からいえば,人口減少も悪くはない,と指摘する。この部分は直接本書の趣旨に関するものではないが,多様な意見を掲載しているという本書の性格をよく反映している。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する