サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. 建設・土木の通販
  5. ジェトロの通販
  6. 海外の中心市街地活性化 アメリカ・イギリス・ドイツ18都市のケーススタディの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海外の中心市街地活性化 アメリカ・イギリス・ドイツ18都市のケーススタディ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: ジェトロ
  • サイズ:21cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8224-0882-5
  • 国内送料無料

紙の本

海外の中心市街地活性化 アメリカ・イギリス・ドイツ18都市のケーススタディ

著者 日本政策投資銀行 (編著)

複雑な要素を持つ中心市街地活性化の問題に対して、米国、英国、ドイツでの取組みと問題回避の仕方をケーススタディを中心にまとめ、日本の経済社会の問題点を浮かび上がらせる。【「...

もっと見る

海外の中心市街地活性化 アメリカ・イギリス・ドイツ18都市のケーススタディ

3,240(税込)

ポイント :30pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

複雑な要素を持つ中心市街地活性化の問題に対して、米国、英国、ドイツでの取組みと問題回避の仕方をケーススタディを中心にまとめ、日本の経済社会の問題点を浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

米国,英国,ドイツ18都市の事例研究。中心市街地が衰退する日本のタウン・マネジメントと比較

2000/10/06 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井上 繁 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 中心市街地の活性化は,日本の中小都市の大きな課題である。駅前や旧街道沿いの商店街は客足が遠のき,シャッターを下ろしたままの店が少なくないからである。中心市街地が衰退すると,都市全体の活力をそぐことになり,深刻な問題である。
 中心市街地活性化法に基づき市町村が基本計画を作成したものの,事業は必ずしも順調でない。実施主体となるタウン・マネジメント機関(TMO)を設立するための人材が不足していたり,肝心の商業者などの意欲が低かったり,問題が多いためでもある。
 海外の都市はこの問題にどう取り組んできたのだろうか。本書は,欧米18都市での事例研究である。取り上げたのは米国のピッツバーグ,サンアントニオ,デンバー,英国のシェフィールド,ノッティンガム,マンチェスター,ドイツのダルムシュタット,ウルムなどの各市である。米国と英国における中心市街地再活性化のための施策も紹介している。
 日本政策投資銀行の海外駐在員が直接,現地に足を運び日本人の目で取材しただけに,参考になる点が多い。
 欧米と日本の取り組みの違いの一つは,本書の終章で述べているように,欧米の場合,自分の街の市街地がなぜ空洞化してはいけないのかといった議論を公の場で行い,その費用をどの程度負担するかについて市民の間に合意を形成している点である。これに対して,いま日本に生まれつつあるTMOは,商業者が中心で,住民が株主などとして参画している例は数えるほどである。
 つまり,欧米では民間と市民が主体になっているのに,日本の場合は自治体や国が前面に出て,民間の盛り上がりに欠けている。
 読者は本書からタウン・マネジメントの真の精神を学んでほしい。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

都市 ランキング

都市のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む