サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本SF論争史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:22cm/379,46p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-326-80044-5
  • 国内送料無料

紙の本

日本SF論争史

著者 巽 孝之 (編)

【日本SF大賞(第21回)】安部公房、小松左京、筒井康隆、笠井潔、大原まり子…。現代のSFをつくりあげた論客による、各時代を代表するSF批評全21編を収録。SFの成果を豊...

もっと見る

日本SF論争史

5,400(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本SF大賞(第21回)】安部公房、小松左京、筒井康隆、笠井潔、大原まり子…。現代のSFをつくりあげた論客による、各時代を代表するSF批評全21編を収録。SFの成果を豊穣な思想史として位置づける。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

日本SFの思想 巽孝之 著 1-18
SFの流行について 安部公房 著 26-34
SF、この名づけがたきもの 安部公房 著 35-38

著者紹介

巽 孝之

略歴
〈巽孝之〉1955年東京都生まれ。上智大学文学部英文科卒業、コーネル大学大学院博士課程修了。現在、慶応義塾大学文学部教授。アメリカ文学専攻。日本SF作家クラブ会員。著書に「日本変流文学」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中途半端

2001/08/21 18:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SFという狭い世界では、あれこれと言い争いが絶えない。これはSFかどうか、ということだけでも、蜂の巣をつつくような大騒ぎになるし、そうした閉鎖性を外部の人間が指摘しても、また大騒ぎになる。本書は、そうした恥ずかしい歴史が紹介されている。しかし、論争の片方の文章しか採録していないので、不公平も良いところ。編者の思惑に乗らないよう注意して読めば、資料として面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/7/16朝刊

2000/10/21 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「SF史とはけっきょくSF論争史のことである」と、編者はいう。六〇年代には科学小説としてのSFをめぐる定義論争がぼっ発。七〇年代は思索小説としてのSFをめぐる論争が戦わされ、八〇年代のサイバーパンク論争、九〇年代のポスト・フェミニズム論争やクズSF論争と続く。本書は、論争に一石を投じた論文を時代を追って収録。批評家だけでなく、安部公房、小松左京、筒井康隆、大原まり子ら作家も登場する。英文学者で、日米のSF事情に通じた編者による詳細な解説や、収録した論文では触れられなかった事例を含めた年表も労作だ。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する