サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛国者の銃弾(ジョイ・ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 有楽出版社
  • レーベル: ジョイ・ノベルス
  • サイズ:18cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-60129-8
新書

紙の本

愛国者の銃弾 (Joy novels)

著者 田中 光二 (著)

成田に降りた3人の武装テロは米人を人質に、都心のホテルに侵入。彼らは日本政府がザイールの地獄の消耗戦に派遣したPKF要員の生き残りだった。愛国とは何か、国益とは何かをつき...

もっと見る

愛国者の銃弾 (Joy novels)

1,026(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

成田に降りた3人の武装テロは米人を人質に、都心のホテルに侵入。彼らは日本政府がザイールの地獄の消耗戦に派遣したPKF要員の生き残りだった。愛国とは何か、国益とは何かをつきつける。97年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田中 光二

略歴
〈田中光二〉1941年ソウル生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。「黄金の罠」で第1回吉川英治文学新人賞受賞。他の著書に「怒りの大洋」「母なる森の血よ」「オリンポスの黄昏」他がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この話は、充分面白いのですが、あとがきの著者のことばを読んで唖然。田中さん、あんたこのお話からどうやって第二次大戦の日本軍が正しかった、だから改憲賛成と言えるの?オカシクナイ?

2005/10/22 16:09

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりの田中光二です。正直、もう手にすることはないかと思っていた田中光二本。無論、躊躇いがなかったわけではありません。タイトルに見える「愛国者」がきな臭いです。しかも、カバーはギンギンにミリタリーオタクしてます。
で、この話は以前書下ろしで出た本の新装版です。ま、直感で言うんですが、もう巨匠クラスの年齢になった作家としては、田中は最も書き下ろしの率が高いのではないか、そんな気がします。特に文庫での書き下ろしが多い。実は、私が田中作品を読まなくなったのは、彼の文庫書下ろしの作品が詰まらなくなったからなんですね。なんていうかロマンが感じられなくて、もとから文章は真面目だけのものですから、こう、読む喜びを感じない。結局、10年以上のご無沙汰でした。
で、この話、実際の舞台は、近未来、それも直近の日本ですが、その遠因となった場所はザイールです。ザイールがどういうところであるか、はこの作品にかなり詳しく出ていて、それは私の認識と大して変わりありませんから、読んでもらうとして、とりあえず言えば独裁者のもと、民族主義的な反政府活動が内戦の様相を呈している、そう言っておきます。
で、そこに国連が反乱鎮圧の軍を派遣するわけです。常任理事国入りを目指すドイツ、日本もそれに軍を出すわけですが、日本が今までと違うのは、湾岸戦争、アフガン、イラク戦争と最初は金だけ、次は後方支援、次は危険区域を安全と言い張っての自衛隊の派遣、となし崩しに国際社会に協力しながら、第二次大戦の戦争責任を曖昧にしたままだから、全く国際的には評価されてこなかった、だから今回は本格的戦闘に参加する、そういう意気込みが首相と防衛庁にあった、そこです。
で、愛国心、という言葉につられて募集に応じたのが、自衛隊でよりぬきの男たちでした。その一人が25歳の陸曹竜村晋です。で、彼と行動をともにしていたのが陸士長で25歳の沢井則之、23歳の東不二夫、見村宗介、21歳の黒岩大三です。そして彼らは現地での先頭の中で行方不明となってしまうのです。
そして、戦争で息子を亡くした家族にインタビューをしに行くのが、TBCテレビ社会報道局のニュース・キャスターでいささか剣のある美貌の持ち主草薙容子です。ま、ここまでにしておきますが、現実に動き出している改憲の動き、或は国民になんの説明もないままに推し進められる常任理事国入りの動きなどを念頭に置きながら読めば、肯けることは大きいはずです。
さて、話自身は楽しめたのですが、巻末の著者あとがきを読んで???となりました。どうも田中はこの小説で、自虐史観は不要である、太平洋戦争は一概に間違いとはいえない、日本の軍備も必要である、平和憲法は変えるべきである、と思っているようなのです。
どうしてこの話から、読者をそちらに導こうというのか、疑問を通り越して、幾らなんでも無理だろう、と思いますね。敗北を認めることは自虐ではありません。冷静な判断です。ここを理解できない、単なる言いがかりを聞かされると、所詮、ヤクザと同じか、と思いますね。
自分が歳をとった、後がもうない、いっそのこと皆を道連れに死んじまえ、は自民党の老人議員と右翼だけで充分です。
最後に目次を書いておけば、第一部 闇の奥、第二部 テロリストの秋、第三部 灼熱の彷徨、第四部 失われた者の墓碑銘、あとがき、です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する