サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界でいちばん長い夜
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 自由国民社
  • サイズ:26cm/55p
  • 利用対象:小学生 一般
  • ISBN:4-426-88305-9
  • 国内送料無料

紙の本

世界でいちばん長い夜 (メックとアリーナはるばる絵本)

著者 エムナマエ (絵・文),スネル博子 (英訳)

メックとアリーナが千年の夜明けをさがしに旅にでた…。そして、ついに千年の朝を呼べることばを見つけた! 全盲のイラストレーター・エムナマエがミレニアムに贈る冒険物語。英文併...

もっと見る

世界でいちばん長い夜 (メックとアリーナはるばる絵本)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メックとアリーナが千年の夜明けをさがしに旅にでた…。そして、ついに千年の朝を呼べることばを見つけた! 全盲のイラストレーター・エムナマエがミレニアムに贈る冒険物語。英文併記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エムナマエ

略歴
〈エムナマエ〉1948年東京都生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。画家として児童出版の世界で活躍。86年に失明するが作家として再スタート。著書に「いつか誰でも」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

朝を求めるメックとアリーナの冒険−エムナマエさんが2000年に、次なる千年の平和を願って贈り出した冒険物語、盲導犬の養成のために私達にも協力できることがあります。

2004/11/21 23:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

 風文台で働く主人公のメックと相棒のアリーナ。ネコのメックは、作者であるエムナマエさんの分身、そして、相棒の犬のアリーナは、エムナマエさんの盲導犬アリーナがモデルとなっています。

 メックは、ある夜、夢の中で少女に出会いました。そして、「あの少女にあやまりたい。夢の中で会っただけなのに、そんな気がしてならない」と思うメックの心に、「泣きたい夜は 世界でいちばん長い夜 忘れていた人を思いだす」という歌が聞こえてきました。メックは、「夢の中なんかではなく、本当にあの少女に出会ったことがある。とても好きだったのに、なにもしてあげられなかった」ということを思いだしました。メックにとって、悲しくて、胸が張り裂けそうな、苦しい夜でした。
 その夜、時計が止まってしまいます。そして、星空の時計も止まってしまいます。時間も歴史もとまってしまいました。朝が来ないと、メックにとっての苦しい長い夜も終わらないのです。

 メックは相棒のアリーナと共に、朝を探しにゆくことに…。
 大学で哲学や植物言語学を学んだアリーナは、花の言葉も聞くことができる心強い相棒です。世界の終わりを歌う夜の花々、都市の虚しい夜の世界、不眠症にかかった森の博士ふくろう…、そして、万年沼に向かいます。
 時と言葉がキーワードとなって展開するメックとアリーナの冒険物語。エムナマエさんが2000年—ミレニアムの年に、次なる千年の平和を願って、世界に贈り出した物語絵本です。英訳も併記されています。
 ふたりは、どんな朝を迎えることになるのでしょうか。エムナマエさんの描く不思議な絵の世界で、言葉の謎解きやふたりの冒険をたっぷり楽しむことができます。
 
 この絵本は、盲導犬の不足を少しでも補うために、収益の一部が「全国盲導犬施設連合会」に寄付されるそうです。「盲導犬アリーナの祈り」では、盲導犬の訓練や養成、そして、寄付によって成り立っている盲導犬協会について述べられ、読者への理解が促されています。日本全国では、盲導犬が大幅に不足しています。盲導犬を育てるためには莫大な資金が必要です。巻末に、全国盲導犬施設連合会の盲導犬育成のための援助の方法も記されています。
 絵本を楽しんだ後、ほんの少しでも目の不自由な方々のお役に立ちたいと思いました。ぜひ、ひとりでも多くの皆さんに手にとって読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む