サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オスマン帝国の解体 文化世界と国民国家(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-05842-7
新書

紙の本

オスマン帝国の解体 文化世界と国民国家 (ちくま新書)

著者 鈴木 董 (著)

オスマン帝国の解体 文化世界と国民国家 (ちくま新書)

713(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

西欧の衝撃

2002/05/22 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フレッド弟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

近代西欧の世界システムが拡大することで
グローバル・システムとなるにつれ、
それを構成する単位であったネイション・ステイトは
世界各地に広がり、そして定着していきました。
長きにわたって東地中海世界に君臨した
イスラム世界の大帝国オスマン帝国は
その影響を受けることで解体されていったのです…。
近代西欧の生み出したものが何であったのか、
イスラム世界の構造がどのようなものであったか、を明らかにしつつ、
西欧の衝撃をうけたオスマン帝国が解体して行く過程をつづっています。
現代の政治にも関連する民族問題の根元を解き明かす書ともいえますが、
同じ著者「オスマン帝国(講談社現代新書)」の続編として読むこともできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オスマン帝国における「西洋の衝撃」の解説書

2002/05/16 21:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MF  - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ著者の「オスマン帝国(講談社新書)」がオスマン帝国の専ら成長期を扱っているのに対し、本書はタイトルの通り、オスマン帝国の衰退期を中心としている。
もっとも、本書は時系列に通史を紹介している本ではなく、ネイション・ステイト(国民国家/民族国家)を政治的枠組とする西洋的国家観とそれとは全く異なる次元で帝国を捉えていたオスマン帝国を比較し、オスマントルコが徐々にヨーロッパに対して優位を失っていく中で、どのように西洋的国家観を受容(西洋の衝撃)していったかという観点から時代を辿っている。
「西洋の衝撃」というテーマはアジア史においても重要であり、その「西洋の衝撃」についてオスマン帝国を題材に丁寧に記述してくれている興味深い本だと思う。
欲を言えば、「なぜ、オスマン帝国がヨーロッパに対して比較優位を失っていったのか」という点についてもう少し説明が欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/03 03:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/21 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/29 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む