サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 倫理・道徳・武士道の通販
  5. 人文書院の通販
  6. 国を愛するということ 愛国主義の限界をめぐる論争の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国を愛するということ 愛国主義の限界をめぐる論争
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 人文書院
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-409-03057-4
  • 国内送料無料

紙の本

国を愛するということ 愛国主義の限界をめぐる論争

著者 マーサ・C.ヌスバウム (ほか著),辰巳 伸知 (訳),能川 元一 (訳)

愛国主義(パトリオティズム)の限界をめぐって、『ボストン・レヴュー』誌で展開されたアメリカ知識人たちの論争をまとめる。コスモポリタニズムを対極に据えることで、愛国主義の本...

もっと見る

国を愛するということ 愛国主義の限界をめぐる論争

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛国主義(パトリオティズム)の限界をめぐって、『ボストン・レヴュー』誌で展開されたアメリカ知識人たちの論争をまとめる。コスモポリタニズムを対極に据えることで、愛国主義の本質や意義をあぶり出す試み。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

愛国主義とコスモポリタニズム マーサ・C・ヌスバウム 著 19-46
コスモポリタン的愛国者 クウェイム・アンソニー・アッピア 著 47-62
憲法への忠誠 ベンジャミン・R・バーバー 著 63-76

著者紹介

マーサ・C.ヌスバウム

略歴
〈ヌスバウム〉シカゴ大学の法学・倫理学教授。共編書に「クローン、是か非か」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

それは、ローティから始まった

2006/02/26 19:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずは、訳者のコミットメント(肩入れ)の深さを高く評価したい。
訳者解説が28ページある。訳者前書きと合わせると34ページにもなる。
豊富な資料に鋭い本文解説、日本の事情との対比など、読みやすい文章で綴られている。
解説と銘打つからには、これぐらいのボリュームは欲しいと、常々思っている。なので、これだけでも得をした気分だ。
本文中の訳注が豊富で、肝心の訳文も及第点だと思う。

・・・・・・
「あら、千さん、どうしたの」
「ああ、雅代さんか。それがねえ」
「あなたにとっての肝心要は、内容の紹介と評価でしょ。何を躊躇ってるの」
「それが『法学セミナー』さんの紹介が良くできているんで、これ以上書くことがないというか、筆が進まないんだよ」
「また、弱気の虫? 他人のせいにばかりするのは、いい加減になさいな」
「せい、にはしてないけど」
「同じことよ。あなたがどう考えるかだわ。言いたいことがあるくせに。私から言いましょうか。そうよ、アメリカの『知識人』にとっての愛国主義は、自由、民主主義、人権に第一の価値を置く『国家』に限ってのことだというのは分かる。家族愛・隣人愛の延長としての愛郷意識は、コスモポリタンも否定しない。この『論争』に、折り合いはつけられると思うわ」
「そうだね。ヌスバウムの最後の『返答』は、それを予感させるものがあるね」
「でも、問題は、それは一部の『知識人』にしか共有されていないのでは?ということ」
「広く一致したとしても、今度はそれを『絶対の正義』としやしないかという危惧もあるんだ」
「そうね。『普遍性』の怖さ。それが他国への過度な干渉に、歴史的にも結びつきやすい国よね」
「対外的にもベトナム戦争を始めとして、他国に公式に謝罪したことはあまりないしなあ」
「ここ最近に至るまでそうよ。これは2003年5月のギャラップ社の調査からだけど」

〔 もし合衆国が、イラクは大量破壊兵器を所有しているということの決定的な証拠を発見することが出来ない場合、イラクとの戦争は正当化されると考えますか、されないと考えますか?

正当化されると考える 79%
正当化されないと考える 19%
意見なし 2% 〕

「つまり、『民主主義』をイラクにもたらせばいいじゃないかという、アメリカ流愛国主義があるからこその結果だし、プライドは傷つかない。それに、相当の理由さえあれば、コスモポリタンも『普遍の正義』を正当化するかもしれないわ」
「ただ、この後の調査では、この戦争に価値がないという人も増えてきているようだ」
「ええ。でも、もっぱら自国民の『損害』と、事態収拾の遅れを気にかけてのことでしょ。彼らの愛国主義は、さほど揺らいでないでしょうね」
「認めないねえ。確かに論者の多くは、そこらへんの警戒感は希薄だったようだ。むしろ、訳者の指摘が鋭敏だよ」
「その希薄さが今日に繋がっているのよ。『現実』に向き合った時、世界市民と愛国者は手を結ぶのよ。ヌスバウムはそうでないことを祈りたいけど。ホロコーストからの《ユダヤ人を救うために死を賭した人物》を、世界市民精神の象徴に仕立てているのが気になるわ」

「ところで、本書の『論争』の端緒は、ローティの発言、セネットの言うところの『赤狩り的含意』なんだよね。訳者は《ほとんど恫喝としか言いようのない発言》と憤っている。最近出た『RATIO』という雑誌でも、ローティは『民主主義諸国による【非民主的独裁体制】への軍事介入』を擁護しているよ」
「変わってないわね。要するに『ブッシュを選んだことが悪い』に留めることで、己の『磨き込まれた真鍮』は曇らせないぞという算段ね」
「彼の言う『リベラル・ユートピア』とやらも、屍の上に『創られる』のか・・・気が重いな」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コスモポリタニズム対愛国主義

2001/01/15 13:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:法学セミナー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は共同体主義に反対して世界市民精神を説くヌスバウムの「愛国主義とコスモポリタニズム」と、それに対する一六編のコメントと、ヌスバウムの「返答」から構成されている。
 寄稿者の多くはヌスバウムが国民国家や愛国主義の意義を過小評価していると考える。しかし彼らが擁護する愛国主義は決して民族主義的なものではなく、人権や民主主義といった普遍主義的な理想の伝統に訴えかけているところが、いかにもアメリカ的である。
 ヌスバウム以外の文章がどれも比較的短いために議論が深化しないうらみはあるが、J・バトラーの「文化における普遍性」を例外として、どれも十分に明晰だ。特にA・センの「人間性と市民権」は、ヌスバウムへの反論に対して本人以上に説得的に答えている部分がある。ステイトとネイションを区別するK・M・アッピアの「コスモポリタン的愛国者」も読みごたえがある。(C)日本評論社

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/28 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

倫理・道徳 ランキング

倫理・道徳のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む