サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本音を隠すオトコたち本音を知りたいオンナたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 清流出版
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-916028-59-7
  • 国内送料無料

紙の本

本音を隠すオトコたち本音を知りたいオンナたち

著者 クリス・ローゼンバーグ (著),森 洋子 (訳)

気持ちを言葉で伝え合う、ただそれだけのことで、人とは驚くほど豊かな関係を築けるもの。あなたが変われば彼も変わる。ユングでもフロイトでもない、愛の心理学。【「TRC MAR...

もっと見る

本音を隠すオトコたち本音を知りたいオンナたち

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

気持ちを言葉で伝え合う、ただそれだけのことで、人とは驚くほど豊かな関係を築けるもの。あなたが変われば彼も変わる。ユングでもフロイトでもない、愛の心理学。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クリス・ローゼンバーグ

略歴
〈クリス・ローゼンバーグ〉心理学者、セラピスト。執筆の傍ら大学で心理学の講座を担当。アメリカのピッツバーグとペンシルバニアにおいて個人診療も行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

カップルがより良い関係を築くために、心理学者/セラピストの著者が、すべての女性に贈る愛のピル・ブック

2000/07/10 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杉田宏樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ここ1か月の間、佐野史郎夫妻が出演するCMをよく見かけると思うのは、ぼくだけではないだろう。何の広告かと言えば、製薬会社の“勃起障害”薬。多くの人にはちょっと馴染みがないジャンルですな。何故あんなに大量のスポットを流しているのか、疑問も残る。いずれにしても同CMは、この問題が切実な夫婦が決して少なくないことを明らかにした。拡大解釈すれば、案件は“不妊”。原因は男性の場合もあるし、女性の場合もある。この問題を抱える夫婦は、相像を絶する努力を重ねて、子宝を授かるそうだが...。

 本書は、主に夫との関係に悩む既婚女性のために、より良いパートナーシップを築く上での多角的なケース・スタディを紹介/助言したものだ。著者のクリス・ローゼンバーグは、米国で個人診療を行う心理学者/セラピスト。多くの臨床例を基に、本書を著した人物だが、これが初の著作ということで、彼女の知識と経験のすべてを注ぎ込んだ様子が窺え、興味をひく。原題は、『無言の男性を打ち破るためのセラピストによるガイド』で、近年のベストセラー本のノウハウを応用した邦題はうまい。著者は、所詮男と女は解り合えないもの、という悲観的な神話や、男は自分たちとは違う生きものなのだという、女性に広く浸透した思い込みを打ち破ることを、本書の目的と書く。

 ケース・スタディの後、結論として誤って知られる〈神話〉に対し、〈真実〉についての解説を加える。例えばこんな具合だ。
*「男が感情的なことを口にするのは、女々しい振る舞いである」→「感情のはけ口が必要なことに男女の別はない。感情を語る行為は、男性にとって心身ともに計り知れないプラスとなる」
*「誰かと心を通わせるためには、ある程度自分を殺すこともやむを得ない」→「夫婦としての結びつきと個としての自立とは、何ら矛盾するものではない。むしろ、お互いが自立した人間であればあるほど、自然な形で強い絆を育むことができる」
*「人は皆、素の自分を見せてしまったら、誰からも愛されず、拒絶されるのではないかとの不安を抱いている」→「お互いに相手の本当の姿を知れば知るほど、相手を受け入れ認め合うことができるようになる」

 他にも、「セックスをめぐる問題の多くが、実は精神的な触れ合いの欠如に端を発している」「疎外感によるダメージは、概して男性の方が深刻。妻に先立たれた男性は、同年代の未亡人や妻帯者よりも死亡率が高い」(←江藤淳)といった、頷ける記述が随所にあって、読者には示唆に富んだ内容である。たとえ夫婦であっても、異性であるがゆえに立ちはだかる壁。相手の話を聞く、相手に対して正直であるなどの、言葉で表現すれば単純なことの積み重ねにより、真の相互理解へと到達する——よき伴侶と2人の娘を持つ母親でもある筆者だからこそ、本書は説得力を伴って読者に刺激を与えるのだ。 (bk1ブックナビゲーター:杉田宏樹/音楽評論家 2000.7.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/18 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

人生訓(高齢者) ランキング

人生訓(高齢者)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む