サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

装釘考
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 玄風舎
  • サイズ:22cm/291p 図版72p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-250-20025-6
  • 国内送料無料

紙の本

装釘考

著者 西野 嘉章 (著)

書物の装いに心を砕く。これは世の東西や時代を問わないが、日本近代の出版物ほど変化に富む装釘を実現したケースは珍しい。カラー写真を交え、具体的作品と照応しつつ、活字、和装、...

もっと見る

装釘考

6,264(税込)

ポイント :58pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

書物の装いに心を砕く。これは世の東西や時代を問わないが、日本近代の出版物ほど変化に富む装釘を実現したケースは珍しい。カラー写真を交え、具体的作品と照応しつつ、活字、和装、背文字といった装釘の各要素を考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本の「かたち」はこんなにさまざまだったのか

2001/05/08 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三中信宏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 明治以降の書物の装丁の変遷を論じた本書は,それ自体がたいへん凝った「つくり」になっている。あえて上質紙を使っていない点,本文の組み方,豊富なカラー図版など,日頃接している「本」とはまったく異なる質感が味わえる。装丁のキーワードひとつひとつについて,それに関連する本を取り上げるという形式で,数ページの読み切り型のエッセイが連続する。この形式はたいへん読みやすく,おびただしい数の書物が小気味良く捌かれている。
 欲を言えば,カラー図版に示された本が,本文のどこで解説されているのかの参照づけがほしいところだが,そういう安直な「効率」を口にしていたのでは本書の真の価値を理解したことにはならないのかもしれない。本文と図版とは関連し合いながらも別個の存在として読むのもまた愉しみの一つだろう。おそらくは,一度だけさっと通読するのではなく,進み,戻り,立ち止まりながら,読者が繰り返しページをめくることを見越してつくられた本なのかとつい深読みしてしまった。
 明治以降の日本の装丁は,和書・洋書の混在の中で,次々にあたらしい形式を創造していった。本書は,この装丁史という限定されたテーマを論じた本なのだが,そこに盛り込まれた数々のエピソードはもっと幅広い。今和次郎とともに「考現学」を生みだした吉田謙吉が装丁家として活躍していたとは意外だった。もうひとつ,戦前に出されていたプロレタリア文学書の装丁の何と斬新なことか。
 価格を考えれば,明らかに一般向けの本ではない。しかし,本書に出会えたことは私にとっては幸せだ。(なお,紀田順一郎氏は本書の詳細なオンライン書評を書いている。平凡社『デジタル月刊百科』2000年11月号掲載の「近代日本の装釘文化史:例のない通史」を見られたい)。

【目次】
近代造本史畧−序にかえて 3
活字 21
南京綴じ 27
和裝 33
改題御届 39
背文字 43
稀密畫 49
合卷 53
異裝 57
新裝 63
小口 69
繪表紙 73
總クロース裝 79
墨ベタ 83
軟表紙 87
輕裝 91
色 95
三六判 101
線 107
裝畫 113
袋紙 117
菊判 123
見返し 129
圖樣 135
盛裝 139
二度刷り 143
外函 147
銀箔 153
金版 157
袖珍本 161
裏繪 167
包紙 171
圖案 175
發行日 179
革裝 185
込み物 191
作字 199
誤植 203
定價 207
用紙 213
横文字 219
クラフト紙 223
繪文字 229
假綴じ 233
三方アンカット 237
ノンブル 241
遊び紙 245
繼ぎ表紙 249
メタル裝 253
普及版 259
歴史の文字−記載・活字・活版 263
參考文獻抄録 275
あとがき 287

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

造本・装丁・ブックデザイン ランキング

造本・装丁・ブックデザインのランキングをご紹介します一覧を見る