サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夏と花火と私の死体(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 1,072件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747198-5
文庫

紙の本

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

著者 乙一 (著)

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

454(税込)

夏と花火と私の死体

432 (税込)

夏と花火と私の死体

ポイント :4pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.2MB 無制限
Android EPUB 5.2MB 無制限
Win EPUB 5.2MB 無制限
Mac EPUB 5.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

2006集英社文庫図書館セット 100巻セット

  • 税込価格:54,000500pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

夏と花火と私の死体 5-144
優子 145-214

掲載中の特集

サスペンス小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂

みんなのレビュー1,072件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

DeathNoteの作者?

2006/10/03 09:59

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Rista - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今や知る人ぞ知る有名な漫画「Death Note」。
本来、努力・友情・勝利というジャンプ作品の必須テーマの中、それらを歪んだカタチで表現したということでも有名である。
とくに数々のトリックや心理学を取り入れたこの作品には、原作者の才能とこだわりとを垣間見ることができる。
 しかし最近原作者である「大場つぐみ」という女性は、「乙一」という作家ではないかという説が浮上してきているのだ。
その説を確証付ける作品の一つが、「夏と花火と私の死体」である。
 単純にまとめると小学生の兄妹が、殺した一人の少女の死体を巡って死体の隠蔽処理を行うという設定だ。
サスペンス小説はたいてい追い詰める側を主役としているが、この小説は逆で、追い詰められる側を主役としている。
そのため、ハラハラドキドキするスリルを演出できるのかもしれない。
また普通の小説は生きた人を視点をするのに対し、この作品では死体の視点で書かれているのだ。
このような視点で書かれている作品は、この本の他に数冊あるかどうかも疑わしい。
以上のように、この作品は文体も内容も他のサスペンスとは一味違うのである。
 ここまでの説明ではまだ「大場つぐみ」と「乙一」を繋ぎ合わせることはできないだろう。
だが、問題は登場人物なのだ。
そのキーマン、つまり重要人物が先頭をきって死体処理を行う兄なのである。
物語で繰り広げられる彼の隠蔽処理の仕方や土壇場での冷静な判断は、小学生とは思えないほどである。
そこからまるでDeath Noteの主人公、夜神月を沸騰させられるのだ。
 この本の中には、「夏と花火と私の死体」の他に「優子」という作品も編集されている。
家政婦である主人公が、屋敷内にいる一度も顔を見たことのない謎の女性「優子」の正体を探るという話だ。
一応トリックは使っているが、ジャンルはサスペンスというよりホラーが近いだろう。
この作品に「大場つぐみ」と「乙一」を繋ぎ合わせるキワードはない。
しかし、後半でのトリックは中々見物かもしれない。
 乙一は第六回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、一七歳でデビューしている。
そしてそのデビュー作が、この「夏と花火と私の死体」なのだ。
デビューしたのが一七歳ということは、一六歳、もしくはそれ以下の頃からこの文章を書いていたことになる。
また描かれる情景や物語もその豊かさに圧倒されていたこともあり、評論家はよく彼を天才だと褒め称える。
 確かにすごい才能だ。
が、天才は何もないところからは生まれない。きっと乙一なりの試行錯誤と努力があったに違いないのだ。
彼はそれを身をもって証明し、文学を目指す者に年は関係ない、ということを暗に示したのである。
 この姿勢には文学だけでなく他のことも当てはまる。
努力あってこその天才、そこに我々も見習うべきところがあるのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うなってしまいました

2006/02/27 01:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

乙一さんのデビュー作です。初めてタイトルを見たとき、私はうっかり「夏と花火と私と死体」だと思い込んでいて、「へ〜、私と死体かぁ」って思っていたのです。でも、よく読んだら違う!「私の死体」なんですよね。どうやら今回は死体が主役??って驚いてしまいました。この本にはタイトルの作品ともう1編「優子」というものが収録されています。もちろん表題の作品もよかったのですが、私は優子という2つ目の作品も「おぉ!」と衝撃を受けました。かなりおもしろいです。
9歳の夏休みに少女は殺されます。あまりにあっさりと無邪気な殺人者によって。そして、その幼い兄と妹によって隠されてしまった私の死体はどうなるのか・・・。
ということで、本当に私の死体のタイトル通り語り役は死体です。殺されてしまった少女が、殺した少女とその兄をずっと追いかけて語るんです。別に恨みとかそういう感じではなくて、とても淡々と兄妹を見続けながら読者にそれを伝えていくんですよ。兄と妹は必死で死体を隠そうとするのですが、小学生なのでこれがまた大変で・・・。あんまり書くとあれなのですが、ラストは意外な結末でした。死体の目線から物語がすすむという話の作り方もなかなか面白かったし、これが本当にデビュー作?といった感じです。
2作目の優子はとても短い作品なのであらすじは書きません。書くと解ってしまってつまらないから。でも、最初「なんじゃこれ?」と思いながら読んでいたんですけど、最後まで読んで「すごい・・・」とつぶやいてしまいました。思い返してみればいたるところに伏線が張られているんです。でも読んでいるときはまったく気がつきませんでした。普通の会話の流れの中に、実はとても重要なキーワードがいっぱい隠れているんですよ。「ウムム」って感じです。
乙一さんって私より2つほど年下らしいのですが、ものすごい才能だよなぁと感じました。これ、おもしろいです。どちらかというと黒い乙一なのかしら・・・。グレーくらい?ってところでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

設定の奇異さより、それを奇異さと感じさせない奇異さに引きずり込まれる。

2011/12/03 19:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏はいつだって、少年少女にとってどこか少し甘くて怖くて、奇怪だ。9歳の少女と、その死体をめぐる兄妹。

奇異な設定である。なにせ「死体」が一人称で語るのだから。
なのに、そんな設定に度肝を抜かれている暇を、読む者に与えない。ずるずると引きずり込まれる。
淡々と語り、読んでいる者を迷わせない。

自分が死ぬところ、死んだあとに見ているものを語る9歳の「わたし」の、視点にも語り口にも、ちっとも無理がないのだ。
そして、読み終えた時にも嫌な後味は残らず、不思議とすこんとした感じなのは、淡々とした語り口のなせるわざだろうか。

ずいぶんたってから、この設定には、吉村昭「少女架刑」という先行作品があることを知る。 でも、それを知っても、この作品が色褪せるわけではない。
「少女架刑」のことを乙一が知っていたかどうかはわからないが、最早それもどうでもいいこと。
知っていながらこれだけ自分のものにしていたら、それはそれで凄まじい根性だし、知らずに書いていたなら、その想像力も凄まじい。
それほど、乙一は、その奇異な設定をすでに自分の世界にしてしまっている。

才能とは、こういうものを言うのかな、とちらと思う。思ってしまう。
計算を感じさせない。誰にも真似できない。
この時点でこのような文体を既に身につけ、乙一は、最初から乙一として完成していたことを、知る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでない人は、読んだ人よりひとつ損しているはずだ。

2003/01/26 23:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:勤続15年。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一ページ目に目を通し、わたしは「この人には、絶対に才能がある!」と確信した。
そして、やはり直感をなめてはいけない。今まで読んだ話の中で、わたしをこれほど魅了した話は他にいくつとない。数あるホラー小説にこれほどおもしろいものはごくわずかであることは、読んだ人の共通の感想ではないかと思う。
怖いだけではない。「怖い」というひとつの言葉では締めくくれないほどのものが詰まっている話だ。すべては読めばわかることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

花火大会、ラジオ体操、登校日……そして殺人

2015/08/13 16:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L'arancia dolce - この投稿者のレビュー一覧を見る

某新聞で紹介記事を読み、興味がわいたので、遅ればせながら読みました。
他のレヴューにもあるように、この作品が弱冠16歳(執筆時)のデビュー作とは驚きました。
登場する人、もの、事柄がすべてストーリーに関連していて、描写に無駄がない、
短編ミステリーのお手本のような作品です。

情景描写もやや類型的かなとは思いますが、田舎の夏の景色をよく映していて
美しいし、主人公の一人、小学5年生の健の、少年らしからぬ落ち着き、
危機が迫れば迫るほど、楽しげに策を練っていく様子がとても恰好いいです。
おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本はスゴイです!

2003/06/08 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スミ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからしてすごいなあと感じましたが、16歳の時にこれを書いたというのがすごいです。こんなミステリー小説今まで読んだことないですね。なんなんでしょう、発想もさることながらキャラクターがいい! 犯人がだれかなんて最初からわかっているのに、「これからどうなるの?」「ああ、そんなことしたら!」とか一々考えてしまって(苦笑)死体の隠し場所を転々とさせていくその様を思い浮かべただけでもぞっとします。これはぜひ読んで欲しい一冊です。そして、読み終わったあと、なんだかうすら怖さがこみ上げるそんな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『夏と花火と私の死体』

2002/05/23 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AKIZAWA - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレしてしまっては、作者とこれからの読者に失礼だと思いますので、慎重に書きます。

『夏と花火と私の死体』
突然、亡くなった少女。
少女の死体と過ごすことになった兄と妹。
兄妹は、少女の死体をどうすればよいのだろう…。


『優子』
ある屋敷に住み込みで働くことになった女。
屋敷の旦那様は、いつでも優しい人でした。
ただ、旦那様の部屋だけは、決して開けてはいけないと言われておりました。
その部屋には、優子という名の妻がいるそうです。
けれども、その姿を1度も見る機会がありませんでした。
ある日、好奇心に駆られた彼女は、こっそりと部屋を覗いてみます。
そこで、彼女が目にしたものは…。
たぶん、読み手の予想とは異なる結末が待っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天才の始まり。

2005/05/13 09:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作者の作品、どれも設定が面白いのだが。デビュー作となる本作品
も非常に面白い。物語を語っていくのは、死体なのだ。
と言ってもゾンビのように生き返って復讐を・・・といったようなありきたりなB級ホラーではなく、ただ淡々と死体が自分のおかれた状況を説明し、物語は進んでいく。幼い小学生の兄妹が犯してしまった罪、秘密
それが見つかりそうになる、ハラハラ感。そして考えていたよりも驚きのラスト。
細かいツッコミを入れればキリが無いが、作者十七歳の時の作品と聞いて驚いた。天才の始まりが、確かにここにある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

活字で綴る“絵”。

2003/07/25 13:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:purple28 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夏休み。9歳の五月は友達の弥生に突き落とされて死んでしまう。
 五月の死体「わたし」が語る、一夏のお話。

 まず、絵が浮かぶ。
 おかっぱの、さらさらの髪を揺らす「わたし」の死体。
 弥生と弥生の兄・健のしぐさ、表情。
 そして、暗闇。お宮。石垣。花火。

 活字を追っていながら、絵を見て物語を読んでいたような気がする。
 今でも思い浮かぶ。
 利発な顔を歪め、汗を吹き出しながら暗闇を走る健の姿が。
 今にも泣きそうな顔でその後を追う弥生の顔が。
 流れた血は黒く固まり、白濁した目を見開いた「わたし」の死体が。

 おどろおどろしい描写も、恐ろしい事件も起こらないのに、背筋が寒くなるのは、淡々とした語り口だからか。
 いや。
 拙さの残る表現が、子供の残酷さを強調しているからではないか。
 そこまで計算されているとするならば、やはり乙一は素晴らしい。

 同時収録の「優子」もしかり。
 優しく、愛情あふれる旦那様の笑顔が、絵としてしっかり目に焼き付いている。
 しかしこちらは、人形に取り憑かれた哀しいストーリー。

 短編の“絵”は堪能した。
 長編では、どんな“絵”を見せてくれるのだろう。


HPはこちらです。
紫微の乱読部屋

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若い才能に食われたひと時。

2001/09/15 02:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竹井庭水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私の名前は五月。九歳の夏休み、私は死んだ。友達の弥生ちゃんに木の上から突き落とされて。弥生ちゃんは兄の健くんと私の死体を隠そうとするのだけど、大人たちも私を捜しはじめて…。

 と、いうふうにこの物語は「死体の一人称」。死をきっかけに登場人物が神の視点に舞い上がるのがなんとも奇妙。その淡々とした語り口とのんびりとした田園風景、そして死体を扱うにはあまりにドライな感情の兄妹というミスマッチが読者の居心地を悪くするのに大成功。

 タイトな展開にハラハラし、ラストは普段なら想像の範囲内のはずなのに驚いてしまって、これは作品世界に引き込まれすぎて考えも及ばなかったのかなぁとため息。執筆時作者は16歳。若い才能に食われたひと時。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

じわじわと記憶に入り込んできている

2018/10/13 02:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらすじなどについては、他の方も触れているので、ここでは触れません。
まず、言いたいのは、この本を最初に読んだ時は、私があまりこの本を好きになれなかったということです。かなり評判の本ではありましたが、そんなに後味も良くないし、死体目線(もしくは殺された幽霊目線)の話や2つ目の短編のような話は、ここ最近ではそこまで珍しくもないですし。
そんなこんなで、最初に読んだ時の感想は、ネットでの評判ほどのものではありませんでした。
ところがです、読んでしばらくしてから、ふとこの本を思い出すことがあるのです。私は普段、それなりに本を読んでいますが、内容をきちんと覚えていることは珍しいです。しかし、この本については、ところどころの印象に残ったシーンが思い出せるのです。
こういうところを考えると、この本はかなりレベルの高い本なのではないかと、巷の評判も納得です。印象に残る本というのは、やはり、何かを持っているということですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ホラー?

2017/08/17 12:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏休み、田舎を舞台にしたホラー?ミステリー?小説です。初めてこの作者の作品を読んだのですが亡くなった少女目線で書かれたストーリーだったので斬新?な感じの小説でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

狂気じみたそのストーリー展開

2017/04/28 22:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

『夏と花火と私の死体』
登場人物の思考回路がサイコパスを通り越して意味不明なところがシュールである。その展開もコミカルで、そのシュールさを増している。また語り部であるわたしは死体であるが、このわたしの出来事への叙述がその雰囲気を強めている。その文体や登場人物の言動があなたをおかしな世界へいざなってくれるでしょう。

『優子』
短い作品ながらも伏線の張り方が見事であり、その結末には驚きを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夏にピッタリ,の怖いおハナシ。

2015/08/29 07:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Len - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんとに,かなり,シュールな話です。
私を隠そうとする小学生の兄妹の帆走,私が行方不明になり憔悴しきった母,私を捜索する大人たち。死体となった私の視点を通して,物語は語られます。
見つかるか。見つけられるか。心臓バクバクしつつもページをめくる手が止まりませんでした。

あとがきによれば,乙一さんが17歳でデビューした作品とのこと。
同作者による「SEVEN ROOMS 」に近い感じでしょうか。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最初の一編、ここから始まった。

2004/07/04 16:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 乙一、17歳のデビュー作「夏と花火と私の死体」です。いやはや、なるほど、これが17歳とはね。やはり驚きでしょう。ホラーの定義がわからないのですが、これはしっかりしたミステリーです。兄と妹に妹の友達は仲良し三人組で妹とその友達もお兄ちゃんが大好き、いつものように遊んでしてある事をきっかけに妹はその友達を殺害してしまいます。折しも近県で子供の誘拐事件が相次いで起こっている事から誘拐事件に見せかけようと兄妹は死体を隠す事にします。果たして上手く隠し通せるのか、発見されるのか…異様な設定で何処か重苦しい中、あっけらかんと死体を運び移動させる兄妹にハラハラさせられ、いつの間にか物語に引き込まれてしまう。しかし、それだけで終わらないのだ。そうか、そんなラストがあったのか…と、また驚かされるのである。表題作の他に「優子」一篇が収録されています。さてと、まだまだ攻めるぞ、乙一。ええーと、次は…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する