サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

横尾忠則ポスタア芸術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:24cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-10390-X
  • 国内送料無料

紙の本

横尾忠則ポスタア芸術

著者 横尾 忠則 (著)

主に1995年以降に制作されたポスターから、選んだ135点を「近作」と名付け編集した、横尾芸術のエッセンスが凝縮されたポスター画集。画家自身が作品ごとに発想の原点を書き下...

もっと見る

横尾忠則ポスタア芸術

3,564(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

主に1995年以降に制作されたポスターから、選んだ135点を「近作」と名付け編集した、横尾芸術のエッセンスが凝縮されたポスター画集。画家自身が作品ごとに発想の原点を書き下ろす。英文併記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

横尾 忠則

略歴
〈横尾忠則〉1936年兵庫県生まれ。絵画、版画、陶板、ビデオ、デジタルアートなど幅広い分野で活躍。著書に「Photo photo everyday」ほか多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どのページを開いても哄笑の沸きあがる横尾忠則の近作ポスター135点の集大成

2000/07/10 20:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平岡敦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 横尾忠則の絵には、ともかく有無を言わせぬ迫力がある。例えば地下鉄の通路を歩いていたとしよう。まだはっきりと知覚しないうちから、彼方に何やらただならぬ異形のものの気配がする。ふらふらと吸い寄せられるように近づいていくと、そこには案の定横尾忠則のポスターが張られているのである。

 そんな横尾が主に1995年以降に制作したポスター135点を、展覧会、個展、イベント、観光、神社仏閣、映画、演劇等々17のカテゴリーに分類、集大成した本書も、当然のことならものすごいエネルギーを発している。見ているほうにまでそのエネルギーを伝わってきて、何だか元気になってくるから不思議だ。個人的には精神世界とかいった話に興味ないのだけれど、その方面に対する作者の傾倒ぶりが決してポーズやスタイルでないことは、作品が発散するこのエネルギーからも明らかだろう。

 けれども横尾作品の凄いところは、そうした精神性が真面目くさった悟りの表情をまとうのでなく、哄笑に満ちたユーモアを伴って表現されている点だ。実際、この本のどこからも、高らかな笑いが沸きあがってくる。いや、いや、これは単なる比喩ではない。嘘だと思うなら64、65ページを開いてみるといい。墨絵風に描かれた幽玄なる深山の景色には、何とまあ「ウワッハッハッハッハッハ...」とひときわ高くこだまする笑い声が、そのままに書き込まれているのだ。

 あるいは『万歳七唱 岡本太郎の鬼子たち』という展覧会ポスターでは、赤鬼、青鬼にふんした横尾忠則はじめ7人の現代美術作家を、岡本太郎の鋭い眼光が見据えているのだが、ここでも眼光と言ったのは比喩ではなく、岡本太郎の目からは文字通り光が発している。漫画じゃあるまいに、などと言うなかれ。近代のデザインがめざしたわかりやすさ、大衆性の、究極のかたちがここにはある。そういえばこの本には、作者による短い自作解説がところどころ付されているのだが、『櫻の宮』と題された櫻木神社のポスターについて、こんなエピソードが書かれていた。「このポスターは別に神社を宣伝するためのものではない。神社にお参りに来た人たちがそっと買って帰って、わが家に飾ってくれているという。それも『作品』などという概念を持たない一般の人が多いと聞く。このポスターの制作者などに特別興味はない。ただ家に飾っておくためらしい。」いい話ではないか。おそらくは横尾忠則の名前すら知らないだろう人たちが、彼のポスターに魅せられ買い求めていくのだ。

 かつてヴァルター・ベンヤミンは、複製技術の発達した近代において、芸術作品の持つ唯一性のアウラが消失すると看破したが、複製技術を駆使した横尾の「ポスタア藝術」には、いくら複製しても失せないアウラが満ちている。 (bk1ブックナビゲーター:平岡敦/大学講師・翻訳家 2000.7.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/18 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

デザイン・色彩 ランキング

デザイン・色彩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む