サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アウトサイダーズ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:20cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7515-1811-9
  • 国内送料無料

紙の本

アウトサイダーズ

著者 S.E.ヒントン (著),唐沢 則幸 (訳)

自身が見聞きした事件をもとに綴り、コッポラ監督の映画「アウトサイダー」の原作ともなった青春小説のバイブル。30年の時を経てもなお幅広く読み継がれている全米ベストセラー小説...

もっと見る

アウトサイダーズ

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

映画の原作本シリーズ 6巻セット

  • 税込価格:8,42478pt
  • 発送可能日:購入できません

教室で読みたい本(中学生向き) 10巻セット

  • 税込価格:14,904138pt
  • 発送可能日:購入できません

中高校生のためのベスト(フィクション) 17巻セット

  • 税込価格:24,084223pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自身が見聞きした事件をもとに綴り、コッポラ監督の映画「アウトサイダー」の原作ともなった青春小説のバイブル。30年の時を経てもなお幅広く読み継がれている全米ベストセラー小説を新たに訳出する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

S.E.ヒントン

略歴
〈ヒントン〉1951年オクラホマ州生まれ。タルサ大学卒業。17歳の時「アウトサイダーズ」で作家デビュー。ほかの著書に「トラヴィス」「妹になるんだワン!」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「世界はまだまだ捨てたもんじゃない」と伝えるために、この小説は書かれた。

2001/06/09 23:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LIN - この投稿者のレビュー一覧を見る

 フランシス・コッポラ監督による映画化作品をご存知の方もあるだろう。原作が書かれたのは1967年。日本での映画公開と、翻訳出版は84年だったから、この本を見た時「今頃また何故?」と不思議に思った。
 アメリカのイーストサイドに住むグリーサーと呼ばれる少年グループと、ソッシュと呼ばれるウエストサイドの金持ちの少年たちの対立が物語の軸になっている。お互いに共通するものは何ひとつなく、出会えば常に争いになる。
 グリーサーの少年ポニーボーイは、ソッシュの少女チェリーとの出会いで、どちらの世界にもそれぞれの悩みや苦しみ、あるいは美しい夕日に見とれる心、そんな共通する思いがあることを知る。家族のこと、仲間のこと、世間のこと。彼らを取り巻くあらゆる思い、あらゆる状況がポニーボーイによって語られていく。
 ふたつのグループの対立は、最終的に3人の少年たちの死を招いてしまう。誰も彼もが打ちのめされ、当事者であるポニーボーイもまた、その衝撃からなかなか立ち直ることはできない。しかし、少年たちが自分以外の誰かや、何かに思いを巡らせるようになったとき、物語は静かに再生し始める。
 驚くのは物語に凝縮された、ひとりひとりの少年たちの深く熱い思いだ。たとえ同じグループであっても、背負っているものは皆違う。求めるものも、大切なものも違っていながら、仲間たちは強くつながっている。それは現代の携帯電話やメールを使って、四六時中友人であることを確認していなければ気が済まない友情とは、別のものだ。
 過激な少年犯罪が、他人事ではなくなった。この物語はやはり今、再び読まれるべきなのだと思う。30年以上前に書かれたこの小説が古びないのは、少年たちの悩みや苦しみが今も昔も変わらないからなのだろう。「世界はまだまだ捨てたもんじゃない」というポニーボーイの思いが、少年だけでなく、少年を取り巻く大人にも伝わって欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

元祖ヤングアダルト

2003/04/11 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 YA(ヤングアダルト)という言葉が日本に初登場したのと同時にやってき
た作品がこれだったんじゃないかと記憶してます。
 コッポラの映画で有名なこの作品、「グリーサー」と呼ばれる所謂プア・ホ
ワイトの不良少年たちのグループと、「ソッシュ」と呼ばれる金持ちの不良息
子たちのグループとの抗争を軸に、「グリーサー」の一人14才のポニー・ボー
イの友情と兄達との愛情、悩みなどを描いてます。
 苦くて切なくてみずみずしい青春の物語。これが出版されたとき作者ヒント
ンは17才だったとか。30年以上前の青春小説ですが、今読んでも全然色あせて
ないの。大人の目で読んでも充分切ないし。これはやっぱり永遠の青春小説で
すね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/23 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/17 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/16 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/21 07:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む