サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月光の東(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/504p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-203643-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月光の東 (中公文庫)

著者 宮本 輝 (著)

月光の東 (中公文庫)

741(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

不思議な言葉にひかれて

2001/07/18 12:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みりぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夫に自殺され、その上愛人の存在を知ったみすずは夫に「月光の東まで追いかけて」という言葉を残した塔野米花という女性を探し始める。昔に米花に同じ言葉を言われた杉井もまた、米花を探し始める。米花はその美貌と才能を使い、つよく、賢く、そして悲しく生きていた。そのことを知ったとき二人は米花を探すのをやめ、自分の人生を生きていくことを決めたのだった。米花の人生を探すことによって、みすずは夫の自殺を乗り越えることができ、夫を許すことができた。

 宮本輝氏が得意とする中年期の男女の話である。品の良い美しい女性、その女性に振り回される男、またその女性を巡る運命の歯車。宮本氏はこのような世界を表現するのが非常に秀でているように思う。宮本氏の世界に浸りたい方、この小説はお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリアスで魅力的なストーリー

2001/06/06 07:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:emis - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語は「よねか」と言う名前の女性に関わる二人の人間の視点から書かれています。ひとりは、少年時代「よねか」に恋していた男性の視点から。もう一人は、外国で自死してしまった夫が「よねか」と同宿していた事を知った妻の視点から。
 男性は現在のよねかを知らないし、女性はよねかに会った事も無ければどんな女性であるかも知らない。そしてふたりは、それぞれが「よねか」に執着し、それぞれのルートで「よねか」に関する断片的な情報を集めていきます。
 ある時は悪魔のようにも見え、ある時は慈悲深い天使のようにも見える「よねか」という女性の生きてきた軌跡が、ふたりの視点から絶妙に浮かび上がっていくスリリングな物語の展開。
 登場人物の誰もがとても魅力的だし、人間の品性を感じます。さて、ふたりは「よねか」に出会えるのでしょうか…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/08 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/29 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/18 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/06 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/02 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/05 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/27 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/28 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/29 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/30 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/06 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る