サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 絵画・版画の通販
  5. 作品社の通販
  6. ヘンリー・ダーガー非現実の王国での通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヘンリー・ダーガー非現実の王国で
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:27×32cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87893-342-9
  • 国内送料無料

紙の本

ヘンリー・ダーガー非現実の王国で

著者 ヘンリー・ダーガー (画),ジョン・M.マグレガー (著),小出 由紀子 (訳)

身寄りのない老人が遺した「非現実の王国で」と題された奇妙な絵物語。93年「パラレル・ヴィジョン」展で世界に衝撃を与えたダーガーの、天真爛漫と残酷邪悪が並置する物語の抄録と...

もっと見る

ヘンリー・ダーガー非現実の王国で

税込 7,150 65pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

身寄りのない老人が遺した「非現実の王国で」と題された奇妙な絵物語。93年「パラレル・ヴィジョン」展で世界に衝撃を与えたダーガーの、天真爛漫と残酷邪悪が並置する物語の抄録と挿絵、マグレガーによる作品分析を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ヘンリー・ダーガー

略歴
〈ダーガー〉1892〜1973年。17歳で知的障害児の施設を抜け出し、以後孤独な生活を送る。
〈マグレガー〉美術史研究家。アウトサイダー・アート研究の第一人者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店三宮店

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (15件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アール・ブリュットの王国へ

2002/12/12 00:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヲナキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 思いがけなくヘンリー・ダーガーの絵に遭遇してからもう10年近く経つ。当時定期購読していた雑誌をパラパラとめくっていたら、とんでもない映像がボクの網膜に飛び込んできた。「暴力とエロスの嵐の中で」と題された都築響一氏の手になるその記事には、一枚の絵が大きく見開きで紹介されていた。そこには、どことなくアメリカ南北戦争を思わせる舞台設定のなかで、大人たちが情け容赦なく素っ裸の少女たちを絞殺する様子が描かれていた。表情に乏しい(だがどこか嬉々とした)大人たちとは対照的に、少女たちは目を剥き・舌を突き出し・大きく口を開け、もの凄い形相を浮かべている。鉛筆の下書きの上に水彩を施しただけのような拙い絵なのに、一度見ただけで脳裏に焼きついて離れなかった。なぜか少しだけ欲情をおぼえたボクは、改めて暴力性とエロスとの強い結びつきを確認させられた次第であった。

 1892年シカゴに生まれた彼は、幼い頃に母を亡くし、その数年後父が事故で体を悪くしたのを機に孤児院に預けられる。1909年父の死を知り脱走、以後、病院で雑用をこなしながら生計を立てる。1932年から1973年に没するまで独り寂しく人生を送るが、40年間暮らしたわずか一間の貸しアパートの中で、彼は誰にみせるわけでもなく、ただ自分だけのために『非現実の王国におけるヴィヴィアン・ガールズの物語、あるいは子供奴隷の反乱に起因するグランデコ対アンジェリニアン戦争と嵐の物語』という長いタイトルの一大叙事詩を書き上げたのである。そのボリュームなんと15,000ページ超。挿絵は数百点にものぼる。この驚異的な芸術作品は、彼の死後、アパートのガラクタの下から発見された。もしこの部屋の家主が、慧眼の写真家:ネイサン・ラーナーでなかったとしたら、稀代の怪作はガラクタの山とともに捨てられていたに違いない(この略歴は、求龍堂刊『アウトサイダー・アート』ならびに『エスクァイア』1993年10月号を参考にさせていただきました)。

 フロイト博士がこの作品を見ていたなら、どれほど大喜びしたことだろうか。ダーガーの偉業を抑圧された性衝動と結びつけて考えることは容易い。彼の頭の中では、世の中への強い憎悪や破壊衝動、純潔な乙女に対するファンタジーなどが互いにせめぎあっていたのだろう。爆発しそうな妄想をメルトダウンさせるための手段として創作活動があったのかもしれない。一種のアート・セラピーといったところだろうか。ダーガーの精神分析を含め、この物語の主人公:ヴィヴィアン・ガールズたちの活躍が意味するところを読み解いた『戦闘美少女の精神分析』(斎藤環著)は、彼の作品を鑑賞する上で非常に参考になる。今度の展覧会に出かける前にぜひ一読をおすすめする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダーガー・サイト

2000/11/12 11:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:担当編集者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品社の編集担当です。
ダーガーのサイトをつくりました。収録作品39点もご覧いただけます。
リンク集や、海外のダーガー本の紹介、過去の展覧会情報もあります。よろしく!
http://www.tssplaza.co.jp/~visual/k/index.html

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヘンリー・ダーガー非現実の王国で

2000/07/18 22:16

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊藤剛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かねてより話題のヘンリー・J・ダーガーの作品集がついに刊行された。

 ダーガーはふつうの意味での画家ではない。
 81年の生涯の間、友人もなく、自室にひきこもり、15,000ージにも及ぶ「小説」と700枚もの「挿絵」を残した人物だ。彼の作品は死後、家主によって発見された。生前には読者はひとりもいなかったのである。

 彼の残した『非現実の王国で』は、子供軍と大人軍の戦争絵巻。主人公は「ヴィヴィアン・ガールズ」という美少女戦隊だ。

 彼女たちは勇敢に戦い、ときには敵につかまり、残虐に処刑される。なによりも特筆すべきは、彼女たちの裸体に幼いペニスが描き加えられていることだ。それを目にした者は、まず例外なく衝撃を受けるだろう。その衝撃は、彼を「アメリカを代表するアウトサイダー・アーティスト」とする美術関係者だけのものではない。

 たとえば美少女系の漫画やゲームのユーザーにしても同じだろう。これは我々がコミケの同人誌などで見慣れたものではないのか!? シカゴで孤独のうちに生涯を終えた、オタク文化とは無縁な人物からこうした表現が生まれたという事実に我々は慄然とする。そして「いまの日本に生まれていれば……」という思いとともに、私は彼の孤独に涙する。

 もちろん、彼が偉大なアーティストである(それは、この作品集を見れば瞬時で了解される筈だ)という認識のうえのことだ。この美しくも残虐な作品が、心のとても深いところにヒットするものであるのは、間違いのないことなのだから。
(伊藤剛・ライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/02 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/26 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/03 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/31 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/04 02:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/04 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/23 02:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/07 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/14 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/28 01:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します西洋画 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。