サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

捨てたはずの街
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-07387-9
新書

紙の本

捨てたはずの街 (カッパ・ノベルス)

著者 本間 香一郎 (著)

東京の沢田のもとに、旧友・峰山が訪ねてきた。京都で殺しを請け負っていた頃から7年。突然の来訪に続いて起こる峰山の殺害。事件を追って、捨てたはずの街へ乗り込む沢田。取り戻せ...

もっと見る

捨てたはずの街 (カッパ・ノベルス)

885(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京の沢田のもとに、旧友・峰山が訪ねてきた。京都で殺しを請け負っていた頃から7年。突然の来訪に続いて起こる峰山の殺害。事件を追って、捨てたはずの街へ乗り込む沢田。取り戻せない昨日への鎮魂歌。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

本間 香一郎

略歴
〈本間香一郎〉京都府生まれ。京都大学農学部卒業。「置き去りの街」で作家デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アル中男がアルコールを断った。「消し屋の竜」の復活だ。凶器は手。友達(だち)の仇が棲む京都へ乗り込ん

2000/07/10 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松本賢吾 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 デビュー作の『置き去りの街』は北方謙三推賞! 二作目の本作は大沢在昌感嘆! とハードボイルド界の大御所二人のお墨付きがオビにある。これならハズレはないぞとわくわくドキドキ。さらに「著者のことば」で、<京都はアウトローの似合う街だ>と鋭いジャブを繰り出され、そうなのか、知らなかった、京都がね、と意表を衝かれる。清水寺や祇園と舞妓に代表される優雅な街とハードボイルド。果たして似合うのかね。そんな意地悪な目で本を開いた。

 ところがいきなり、<桜木町のスナックで、いつものように酔っていた>と、ハードボイルドの定番、横浜(ハマ)とアル中男が登場する。こりゃ、ひと筋縄ではいかないわ。降参して読み進む。とにかくテンポがいい。文章が小気味いい。スナックで隣に座った女に誘われた部屋には男がいて、典型的な美人局(つつもたせ)。ヒモ男を叩きのめして金を奪い、<おれはワルから餌をくすねて生計を立てている>と嘯く(うそぶく)沢田竜介(さわだりゅうすけ)が主人公。当然のことながら竜介は単なる世を拗ねたアル中男ではない。七年前に捨てた京都では<消し屋の竜>と呼ばれた凄腕の殺し屋だったとくれば、いやでもわくわく度が増すというもの。また脇役が一癖も二癖もある連中揃いで唸らされる。

 なかでも出色は赤坂の一つ木(ひとつぎ)通りのゲイバー「ハリーの店」のオーナーで、<百八十センチを越える上背と、百二十キロの重量、それに顎まで伸びた揉み上げとぎょろりと光る目玉で、どう見てもレスラーか熊にしか見えないハリーだが、正真正銘のホモだ。熊の体の中に女が住みついている>と、何やら先頃芥川賞を受賞した作家を思い出してしまうが、ハリーは隙あらば竜介を口説こうと狙っている。

 そのハリーの店に竜介を訪ねて来た男が殺され、さらに京都時代の友達(ダチ)、峰山(みねやま)が竜介の眼前で殺される。アル中の体が旧友を見殺しにしてしまったのだ。アルコールを断ち、走り、泳ぎ、鴨居にヘビイバッグをぶら下げて殴る。捨てたはずの街に乗り込むためのトレーニングで、一ヶ月後には竜介の姿が京都にあった。消し屋の竜の復活だ。むろん女も絡んできて、かっての恋人の美樹と小悪魔の京子ことキョンジャ。またこの女たちがいいのだ。そして竜介は仕事をする。凶器は手。なぜ竜介が殺し屋と呼ばれず、消し屋と呼ばれるかをその仕事を通して納得させられ、手口の巧妙さと迫力に圧倒される。しかも竜介はスーパーマンではなく、頭を割られて入院したり、腹を刺されたり、拷問で殺されそうになったりしながら、峰山を殺した一味の黒幕を突きとめ、その背後に蠢く巨悪を炙り出して行く。とにかくノンストップでわくわくドキドキしながら読み終わり、ほっと息を吐いて本を閉じると竜介同様にウイスキーのショットグラスに手を伸ばしていた。 (bk1ブックナビゲーター:松本賢吾/作家 2000.7.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する