サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 東京創元社の通販
  6. 探偵の冬あるいはシャーロック・ホームズの絶望の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-01283-3

紙の本

探偵の冬あるいはシャーロック・ホームズの絶望 (創元クライム・クラブ)

著者 岩崎 正吾 (著)

落馬事故による昏睡から目覚めると、青年実業家はシャーロック・ホームズになっていた…。パロディ・ミステリ「探偵の四季シリーズ」第三幕は、横浜を舞台にした、シャーロック・ホー...

もっと見る

探偵の冬あるいはシャーロック・ホームズの絶望 (創元クライム・クラブ)

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

落馬事故による昏睡から目覚めると、青年実業家はシャーロック・ホームズになっていた…。パロディ・ミステリ「探偵の四季シリーズ」第三幕は、横浜を舞台にした、シャーロック・ホームズ物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩崎 正吾

略歴
〈岩崎正吾〉1944年生まれ。作家。『えすぷりぬーぼー』編集長。山梨ふるさと文庫設立、代表。著書に「探偵の秋あるいは狸の悲劇」「探偵の夏あるいは悪魔の子守唄」「信長殺すべし」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

赤毛連盟から光頭倶楽部へ

2002/07/30 17:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木野下 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 落馬事故で記憶を失った男は、何故かシャーロック・ホームズになっていた。しかも横浜で……。刑事はレストレイドと呼ばれ、医師は経歴を真似てワトスンと名乗っている。
 こんな、おかしなノリのパロディ・ミステリです。
 
 文明開化直後の? モダンで魅力的な横浜が舞台となっている『光頭倶楽部』や『バスかビル家のイヌ』と等といったタイトルからして秀逸で、ユーモアに溢れた謎が用意されています。
 
 ミステリ作品には、名は体を表すという格言通りに、優れたタイトルには素晴らしい内容が伴っているということがしばしば起こります。このような現象は、パロディ作品に特に顕著に現れるようで、ユーモアの感覚に富んだ作品であることがわずか数文字のタイトルで伝わる、という時点で既に成功していると言うことも出来るでしょう。
 
 こればっかりは、好みや自己の経験してきた人生の差によるところが大きいのかもしれませんが、『赤毛連盟』をもじって『光頭倶楽部』というのは、前者のロジックを知った上で想像するだに最高じゃあありませんか?
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集部コメント

2003/09/02 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京創元社編集部 - この投稿者のレビュー一覧を見る

落馬事故による昏睡から目覚めると、彼はシャーロック・ホームズになっていた——事故によるショックで、自らを伝説の名探偵と思い込んだまま横浜の洋館に暮らす若き富豪は、何故かその推理能力までもホームズレベルになっていた! 「横浜のホームズ」の推理と絶望、そして再生を描いた連作長編推理。横溝正史尽くしの『探偵の夏あるいは悪魔の子守唄』、クイーンに挑んだ『探偵の秋あるいは猥の悲劇』に続く「本歌取りミステリ」第三弾!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/13 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/08 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/05 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/02 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/04 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/06 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。