サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

依頼人は死んだ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-319230-1

紙の本

依頼人は死んだ

著者 若竹 七海 (著)

女探偵・葉村晶のもとに持ちこまれる様々な事件。例えば、市役所から突然送られてきたガンの通知…。その真相は、いつも切なく、少しこわい。あざやかなどんでん返しを見破れますか?...

もっと見る

依頼人は死んだ

1,903(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女探偵・葉村晶のもとに持ちこまれる様々な事件。例えば、市役所から突然送られてきたガンの通知…。その真相は、いつも切なく、少しこわい。あざやかなどんでん返しを見破れますか? 連作ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

若竹 七海

略歴
〈若竹七海〉1963年東京都生まれ。立教大学文学部卒業。編集プロダクション勤務などを経て「ぼくのミステリな日常」でデビュー。著書に「船上にて」「八月の降霊会」「ヴィラ・マグノリアの殺人」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

若竹七海とくれば杉田ヒロミ、最強のタッグが描く、心に傷を負った探偵。読むしかない

2002/11/19 19:51

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今、なんとも品のよい印象を与える作風の30代の作家たちがいる。『ガラスの麒麟』の加納朋子や『バルーンタウンの手品師』の松尾由美、そして『ヴィラ・マグノリアの殺人』『遺品』を書いた若竹七海などがそうだ。年代こそちがうが、『空飛ぶ馬』の北村薫もその一人と言ってもいい。その思いは若竹の今度の作品を読んでも変わらない。

長谷川探偵事務所に勤める葉村晶を主人公にした作品集だが、様々な雑誌に載った八短編を、書き下ろしの短編で上手くまとめている。品だけではなく、その手腕の冴えも見事としかいいようがない。実の姉に殺されそうになった葉村晶。しかも姉が自殺してしまったことで、真相を知ることも出来ないままに心の疵を癒せない若い女性。彼女に様々な事件を経験させることで、姉のことを忘れさせようとする探偵事務所の長谷川。女実業家 松村詩織、御曹司の詩人 西村孝、OLの市藤恵子など個性溢れる人々。彼等が発する「おんな探偵!」との呼びかけが微笑ましい。

作品は冬から始まり、三つ目の冬でまとまる九編。この季節については、本を読み終わった後で改めて目次を見直した時に気付いた。作品自体には季節は感じなかったものの、ヴァイオリニストのクレメルが演奏するピアソラのEight SeasonsのCDを思わせる洒落た目次構成には感心してしまう。

事件は決して大げさなものではなく、それでいて人間の心の襞みたいなところを描くので、繊細という印象。フロイト否定派の人には、こういった心理ものに近い推理は「またか」の印象を与えるだろうが、若竹の品がわざとらしさを感じさせない。彼女と名コンビのイラストレーター杉田ヒロミのカバー画も、内容とピタリと合っていて、その絶妙のバランスに感心。このコンビは強い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

葉村晶復活

2001/01/05 17:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 葉村晶、職業探偵。
 晶の周辺でおこる様々な事件は冷え冷えとして、晶が与える解決がまたせつない。人間の心のちょっとした隙間を突く、作者独特の冷たい切り口が光る。前作『プレゼント』から続く連作ミステリ。表題作他、「わたしの調査に手加減はない」「たぶん、暑かったから」「都合のいい地獄」など。タイトルからも、事件の温度が感じられる。切れ味すっきりと、読後複雑。ラストは好みが分かれそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーコーナーより

2001/02/05 17:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:福井健太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 好評を博した「プレゼント」に続く〈女探偵・葉村晶シリーズ〉第2弾。「白黒を付けないと気が済まない」性格の持ち主である葉村晶は、様々な事件に巻き込まれて——あるいは自ら首を突っ込み——背後に隠された真相を暴き出していく。そこには人間の悪意や策謀が渦巻いていた。巧みなストーリーテリングと「毒」が楽しめる9編を収めた、今年度最高のミステリ作品集の1つである。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/08 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/29 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/18 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/07 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/19 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/07 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/16 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/29 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/07 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/22 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/01 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。