サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遭難者 2 不帰ノ嶮、再び(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/93p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-191904-0
  • フィルムコート不可
文庫

紙の本

遭難者 2 不帰ノ嶮、再び (角川文庫)

著者 折原 一 (著)

遭難者 2 不帰ノ嶮、再び (角川文庫)

463(税込)

ポイント :4pt

この商品はセット商品のため単品ではご購入いただけません。

セット購入商品はこちら

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

角川文庫 遭難者 2巻セット

  • 税込価格:9278pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

凝ったつくりのミステリ。こういうの大好きです

2007/10/07 23:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

北アルプス白馬岳を登山中、事故で死亡した笹村雪彦。彼の所属していた会社の登山クラブあすなろ会は、笹村の幼いころからの生い立ち、最後の登山の計画と行動、さらには事故後の対応から死体検案書までを含めた追悼集を作成することにする。協力を求められた笹村の母 時子は手記を書き始めるが、息子の事故死に疑惑を持ち始める・・・。
文庫で箱入り二冊組み、一冊は追悼集、一冊は追悼集の別冊、表紙もカバーのついた普通の文庫と違い、いかにも自費出版でつくった文集のような表紙という、凝りに凝ったつくりのミステリ。
こういう趣向というか遊び心というかは大好きです。内容の如何にかかわらず、もうこれだけで楽しくなってきて満足してしまいます。まあ、凝った分だけ厚さの割りにちょっと高値というのが玉に瑕ではありますが。
つくりにばかり目が行きがち、内容如何にかかわらずと書きましたが、ミステリとしても納得のでき。ちょっとかわったおもしろいミステリはないかとお探しの方、ぜひ一度本書を手に取ってみてください。箱に入った二冊を見ただけで、きっと笑みが浮かんでくると思いますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説!?

2005/09/12 17:41

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

またもやってくれました。
文庫本なのにBOX。しかも二冊組。
最初に読むのは青い冊子の「追悼集」
北アルプスの白馬岳から唐松岳への縦走途中、不帰の嶮で滑落死した笹村雪彦。
彼の存在と彼への思いをまとめたのがこの冊子だ。
追悼集というものに書式というものがあるのかどうかは知らないが、良くまとめられた冊子だと思う。
収録されている山岳地図等を見ながら、岳友会の報告書や雪彦の母、妹の手記を読むと滑落事故までの様子がよくわかる。それと同時に雪彦を取り巻く謎が浮かびあがる。そして母の死・・・
そして二冊目の冊子、橙色の「別冊・追悼集」
こちらは追悼集が完成し、また家族を失い、一人ぼっちになってしまった妹・千春が真実を見つけるまでをまとめた冊子だ。
クイズに例えるならば一冊目は出題編。二冊目は回答編、といったところでしょうか。
いずれにしても追悼集という形をとっているので、あまり小説を読んでいるような気はしない。
結末については差し控えますが、八方スキー場や白馬岳、または唐松岳に行ったことのある人は、写真や地図が収録されているので、また別の楽しみ方ができるかもしれません。
それにしても折原さんって、本そのものを遊んじゃうのが得意なのかなあ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/29 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2002/03/01 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/16 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/29 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/30 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/19 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/01 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る