サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界探偵小説全集 29 白鳥の歌
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/280p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-336-04159-8
  • 国内送料無料

紙の本

世界探偵小説全集 29 白鳥の歌

著者 エドマンド・クリスピン (著),滝口 達也 (訳)

世界探偵小説全集 29 白鳥の歌

2,592(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

魅力的な登場人物たち

2001/01/14 14:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Achille - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1940年代のオックスフォード、ワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」稽古中に起きた、看板歌手の殺人事件。クリスピン作品でおなじみのフェン教授が事件解決に乗り出す、という正統派探偵小説。クリスピン1947年の作。

 他のクリスピン作品と同様、トリックやミステリー的演出、という点については至ってオーソドックス。イギリス、オペラ、古典ミステリーという要素から、暗いイメージを持たれるかもしれませんが、個性的な登場人物(変人も多数)たちの感情の機微、情景描写のうまさといった点に絶妙な味が発揮されており、全体の雰囲気は実に洒脱なものになっています。

 クリスピン自身が作曲家として活動していたこともあり、史実的設定、舞台上でのやりとりなどに不自然な点が無く、マニアックなオペラファンの人が読んでも違和感は無いはずです。(もちろん、オペラの知識が無くても読み進めるのに支障はありませんが。)

 解決に向けてぐいぐい読み手を引っ張っていくというタイプではなく、魅力的な舞台の中に心地よく身を浸すような感じで読んでいける1冊です。ストーリー中にはどこかロマンティックな要素もあり、推理小説好きな彼女or彼氏にプレゼントするのにも向いていそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エドマンド・クリスピン、うーむ、何だかクスリビンのような、クリスピーのような。でも、この人のミステリは如何にも英国の香りがする。おまけに今回はオペラの世界の殺人だよ

2003/04/08 20:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

音楽、それもクラシックの世界を題材にした推理小説は案外ある気がする。クラシック音楽が、上流階級のものだった古き良き時代を考えれば、そこは因習とお金が渦巻く世界。殺人の動機がたくさんある。

演奏会場も、原則として人の出入りが無くて、衆人環視に近いから密室状態と言えないこともない。おまけにクラシックは、ポピュラーよりは時代の影響を受けにくい、といったところが作家を刺激するのかもしれない。その割に、演奏家や指揮者の本当の姿、演奏の仕組みなどを描いた小説は、案外少なかった。そんな私の不満を解消してくれるミステリが見つかった。

戦争の影響で仕事が少なくなっているオペラの世界。やっと仕事にありついてほっとするテノール歌手のアダムと妻のエリザベス。しかし、共演者は女癖の悪いことで評判のバス歌手ショートハウスだった。美貌のエリザベスに横恋慕したショートハウスが、歌劇場の密室状態の楽屋で、首吊り遺体となって発見された。状況から自殺の可能性は少ない。

探偵役はオックスフォード大学教授フェン。アダムとエリザベスの仲を取り持つソプラノのジョウン、イギリスで初めてオペラを降る指揮者のピーコック、恋人にいたずらをされた青年、財産を狙う兄など登場人物は多彩。私が好きなワーグナーのニュールンベルグのマイスタージンガーが話にうまく溶け込んで気持ちがいい。指揮者と歌手の力関係や、当時のイギリスの音楽事情なども少しだけれど伝わってくる。

原作の出版は1947年の終戦直後だけれど、時代を感じさせる描写は少ない。怪事件は連続するけれど、大上段に振りかぶった本格推理ではないので読みやすく、渡辺千裕の丁寧なあとがきも好ましい。ついでに言えば、このシリーズの装画を担当する影山徹の仕事がいい。線に味があって、色合いがなんとも心地よく、思わず手を伸ばしたくなる。池澤夏樹『マシアス・ギリの失脚』、瀬名秀明『八月の博物館』そしてこの本、影山は絶好調だ。ブックデザインと小説のバランスがとれた、持っていて満足できる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/06 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/04 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/11 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/08 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む