サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クックブックに見るアメリカ食の謎
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/204,2p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-02363-0
  • 国内送料無料

紙の本

クックブックに見るアメリカ食の謎

著者 東 理夫 (著)

アメリカ=ジャンク・フード王国と早合点するなかれ。実用に徹することなく、ライフスタイルまでも読み取ることのできる個性派クックブックをひもときながら、おいしいアメリカ食と彼...

もっと見る

クックブックに見るアメリカ食の謎

2,052(税込)

ポイント :19pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカ=ジャンク・フード王国と早合点するなかれ。実用に徹することなく、ライフスタイルまでも読み取ることのできる個性派クックブックをひもときながら、おいしいアメリカ食と彼らの文化を探るまったく新しい試み。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

東 理夫

略歴
〈東理夫〉1941年生まれ。作家。小説、音楽、翻訳、料理、食紀行、人物評伝など、多岐にわたる興味を発揮し、様々な分野の執筆を続ける。著書に「エルヴィス・プレスリー」「トマトの味噌汁」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アメリカの郷愁の味

2000/09/19 01:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミオメロディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者はカナダ二世の両親をもち、アメリカ庶民の味を子供時代から見知っているということもあり、独自の視点をもっている。
加えて食いしん坊で、食に、料理に興味を持っているから、アメリカのクックブックを主眼にすえ、アメリカの食文化を考察するこの本がおもしろいのは言うまでもないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカ料理の成立を探り、さらにはアメリカ文化の特質へと迫るスリリングなエッセイ

2000/07/10 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:村井康司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アメリカのメシはまずい、という話をよく聞く。どこへ行っても同じものばかり出 てくるだの、量ばかりやたらに多くて大味だの、ケチャップをべとべとに付けてごま かさなくてはとても食べられないだの、醤油をかけたらなんとか食えた、だの。しかし短期の旅行でニューヨークやロサンゼルスに行って外食だけした大方の日本人にとって、「普通のアメリカ人たちが家庭で普通に食べている料理」がいったいどんなものなのか、それがどういう経緯で現在の形になったのか、は、ほとんど未知の領域であるはずだ。

 本書は「アメリカ料理」がどのような形で成立し、時代とともに発達・変化してきたかについて、ネイティヴアメリカンの食・移民初期の料理・西部開拓時代の食事・庶民と大統領にとっての「アメリカの味」・変容しつつある現在のアメリカ料理と未来への展望、という順で、それぞれについてのクックブックを紹介しつつ自在に語っていくエッセイだ。著者の東理夫には、ロバート・B・パーカーの「スペンサー・シリーズ」に登場する料理について書いた『スペンサーの料理』(早川書房)という名著があるが、そこでうかがえたアメリカ料理への深い愛情と体験に裏打ちされた該博な知識(東氏の両親は日系カナダ人二世である)が、本書からもひしひしと伝わってくる。トウモロコシやジャガイモ、トマト、ロブスター、アヴォカド、コショウ、パイナップルなどの食材はもちろん、クランベリー・ソースやミンスミート・パイ、クラムベイク(ハマグリの蒸し焼き)などといった料理法もネイティヴ・アメリカンたちから伝わったこと、自然環境の違いで食べるものがなくて困っていた初期の移民たちに食材の栽培法や料理法を教えたのも彼らであったこと、西部開拓時代に開拓民やカウボーイたちが食べたものの詳細、歴代大統領たちが好きな料理は何だったのか、などなど、アメリカの歴史や文化に多少なりとも興味のある人間にとってはおもしろくてたまらない話題が次々と登場し、僕は数時間でむさぼるように読み終えてしまった。

 世の中のグルメ本が陥りがちなイヤミなディレッタンティズムから最も遠く、それでいて民俗学の教科書みたいに無味乾燥な記述でもない著者のスタンスのすがすがしさは、これらの料理を生み、そして現在でも変化しつづける「アメリカ文化」への愛の現れだろう。パンケーキの上にフライドエッグを乗せ、そこに甘いシロップをたっぷりとかけたアメリカの典型的な朝食がたまらなく食べたくなる! (bk1ブックナビゲーター:村井康司/ジャズ評論家・編集者 2000.7.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/22 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る