サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ポピーとライ 新たなる旅立ち
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: あかね書房
  • サイズ:21cm/253p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-251-04183-6
  • 国内送料無料

紙の本

ポピーとライ 新たなる旅立ち (あかね・ブックライブラリー)

著者 アヴィ (作),B.フロッカ (絵),金原 瑞人 (訳)

どうして、こんな危険をおかすのか? ライのため。殺されてしまった恋人のことを知らせに、彼の両親に会いに行ったポピーだが、一家の巣は水の底に沈もうとしていた…。98年刊「ポ...

もっと見る

ポピーとライ 新たなる旅立ち (あかね・ブックライブラリー)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

あかね・ブックライブラリー 第1期 7巻セット

  • 税込価格:9,61289pt
  • 発送可能日:7~21日

あかね・ブックライブラリー 第1期 7巻セット

  • 税込価格:9,61289pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どうして、こんな危険をおかすのか? ライのため。殺されてしまった恋人のことを知らせに、彼の両親に会いに行ったポピーだが、一家の巣は水の底に沈もうとしていた…。98年刊「ポピー」に続く、恋と冒険の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アヴィ

略歴
〈アヴィ〉1937年生まれ。アメリカの作家。子どもや若者向けに数多くの作品を発表。著書に「星条旗よ永遠なれ」「父さんの納屋」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ポピーシリーズ第二弾

2002/05/14 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ポピー ミミズクの森をぬけて」の続編。前作の冒頭でミミズクに殺され
たポピーの恋人ラグウィードの死を彼の両親に伝えるため、ポピーはイリー
シと共に旅に出ます。ところがラグウィード一家の巣は、ビーバーたちの手
によって水の底に沈もうとしているところでした。はらはらどきどきの恋と
冒険の物語。

前作が面白かったので今回も期待して読みましたが、個人的には単純明快な
冒険物語だった前作の方が楽しめました。今回はポピーとイリーシが共に旅
に出る序盤などは、「ホビットの冒険」などを思わせわくわくしたのですが、
ポピーとライが出会い恋愛要素が急に強くなるに従って、どうも物語に没頭
できなくなりました。特に今回はイリーシがあまりにも哀れで、ラストもす
っきりとした読後感が得られなかった点が残念でした。ポピーとライの淡い
ロマンスよりも、ポピーとイリーシのおとぼけコンビの陽気な物語にしてほ
しかったなぁ……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キンイロネズミの世界も女は強い。

2000/07/17 15:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バムセ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポピーは、恋人ラグウイードがミミズクに殺されてしまったことを彼の両親に知らさなければと思った。残されたポピーにとって、これはとても大事なことだと考えた。でも、わかっているのは彼の両親の名が、クローバーとバレリアンということ。住んでいるのは「森の国」と呼ばれているらしいということぐらい。

ポピーは、ヤマアラシのイリーシをさそった。気持ちをうまく伝えられないひねくれ言葉の大好きなイリーシだが、結局はいっしょにいくことにした。


一方、クローバー一家の住みかに、ビーバーたちがやってきて、ダム建設を始めてしまった。クローバーたちの家は水びたしになり、立ち退かなくてはならない状況にまでなっていた。ラグウイードさえ帰ってきたら…と願う家族とその兄へ劣等感をいだく弟のライ。


そのライとポピーとの出会い、ダム建設のビーバーとの戦いなどを通じてポピーは常に自分の気持ちに正直に向きあい、行動をおこしている。そして必要なときには、まわりへ協力を呼びかけることも躊躇しない。

あなたは、誰の気持ちで読めるでしょう?

ポピー、ライ、それともイリーシ?

 
(バムセ/図書館の学校)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/10 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む