サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

漱石文学全注釈 12 心
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.4
  • 出版社: 若草書房
  • サイズ:22cm/404p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-948755-61-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

漱石文学全注釈 12 心

著者 藤井 淑禎 (注釈)

漱石文学全注釈 12 心

6,480(税込)

ポイント :60pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「同時代読者」とは何か

2001/12/20 23:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メル - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この『漱石文学全注釈』のシリーズは、上段に本文があり下段に詳細な注釈があるという体裁で、注釈を読みながら本文を読めるので非常におもしろい。また、この注釈も注釈者(=研究者)による個性がはっきりと表れている。つまりどのように小説を読んでいるのか、その方法論が見えてくる。
 『こころ』の注釈者は、近代文学研究者の藤井淑禎氏である。藤井氏の研究方法は、その小説の書かれた時代の読者が一体どのように読んだのか、ということを再現してみようというものだ。それを藤井氏は「同時代小説としての…」という言い方をしている。《ボクの言う「同時代小説としての」は、強いて言えば、「あの時代ならではの」とか、「あの時代の空気をたっぷりと吸い、かつあの時代特有の匂いをぷんぷんさせている」とかいったような意味なのである。「あの時代」とはもちろん、『心』なら『心』が書かれ読まれた時代のことだ。》
 したがって、本書の注釈には、夥しい数の「同時代の」書物が登場する。これらの書物と小説『こころ』を並べている。そして「同時代の」書物を『こころ』読解の手助けとしているのである。小説の「内部」のみの閉じられた解釈に対して、小説の「外部」を導きいれた開かれた解釈と言ってよいだろう。《Kの気持ちの推移と自殺の決意を、先生に対する思いやりのなさや自己本位の振る舞いへの自責の念から説明する論は従来からもあるが、それらは作品内部に閉じこもっての一解釈に過ぎず、これに対して本注釈では、同時代資料を参照することによって同時代の地平上でのその行為の意味を見定めた上で結論を出している点が、根本的に異なっている。》
 藤井氏は、作品「内部」に閉じこもった解釈を恣意的なものと見なして批判している。しかしながら、釈然としないのは、一体藤井氏の想定する「同時代の」「読者」がいかなるものかということだ。本書の注釈に出て来る書物をすべて読んでいた「同時代の」読者がいたのだろうかと疑問に思うし、「同時代性」を踏まえていない読みは、正しくないといった雰囲気があり、それも納得できない。そもそも、作品「内部」に依った読みでも、「外部」の資料を根拠付けにした読みでも、同じ解釈が可能であるということはいかなる意味を持つのか(「外部」の資料を用いた論は、科学的であるということだろうか)。
 さて、『こころ』本文を読んで私が感じたの次のようなことだ。それは、「K」が自殺した時、先生が残された遺書を見て、そこに自分のことが書かれていないかを確認する場面で、その後、何も書かれていなくて遺書を元に戻す場面が、ある種のリアルなものを感じて気持ちが悪かった。《私は顫へる手で、手紙を巻き収めて、再び封の中へ入れました。私はわざとそれを皆なの眼に着くやうに、元の通り机の上に置きました。さうして振り返つて、襖に迸つてゐる血潮を始めて見たのです。》
 「わざと」という言葉が、リアルさを感じさせる。なにより、この時の先生の行動を見てみると、まずはじめに「K」の横たわる姿を見て次に机の上の手紙を見ている。血を見るのは最後だ。『こころ』という小説では、先生は結構、「血」とか「心臓」に関する言葉を使っている。それが、全編を貫いている肉体の生々しさと関係していると思う。「血」に拘っていると言ってもおかしくない。その先生が、「K」に関してのみ、この「血」を後回しにしていることが分かる。このことをどのように解釈するのか、というところが『こころ』の面白さだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む