サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

来年があるさ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: ベースボール・マガジン社
  • サイズ:20cm/406p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-583-03577-2

紙の本

来年があるさ

著者 ドリス・カーンズ・グッドウィン (著),松井 みどり (訳)

6歳でスコアブックをプレゼントされた少女は、筋金入りの野球マニアに成長した。野球という愛すべきスポーツを軸に、イキのいい少女の目で見た世界を綴り、古き良き時代のアメリカを...

もっと見る

来年があるさ

2,052(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

6歳でスコアブックをプレゼントされた少女は、筋金入りの野球マニアに成長した。野球という愛すべきスポーツを軸に、イキのいい少女の目で見た世界を綴り、古き良き時代のアメリカを象徴する「家族の顔」を浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ドリス・カーンズ・グッドウィン

略歴
〈グッドウィン〉1943年生まれ。歴史学者。「No ordinary time」でピュリッツァー賞歴史部門賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ドジャースOB野茂英雄にも是非読んでもらいたい、50年代おてんば娘の胸キュン回想録

2000/08/28 12:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐山一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 老若男女に安心して薦められる本が少ない中で、ここまでの水準が保たれていると、本当に嬉しくなってしまう。表紙イラストレーション、装丁、訳業と何もかもがうまく行っている類い希な一冊だ。

 主人公の少女は、熱狂的なブルックリン・ドジャース・ファンだった頃の著者自身。50年代アメリカン・ドリームの実相が程良い郷愁と共に語られていく。グッドウィンは83年の歴史を誇るピューリッツァー賞・ヒストリー部門を95年に『ノー・オーディナリー・タイム』で受賞した歴史学者。TV出演も頻繁な才女だ。行間から立ち上ってくるのは快活多感で弾けるような個性…。

 試合のすべてを綿密に小さな赤いスコアブックに記録する最初のシーンからしてイケてる。6歳のときに父親がプレゼントしてくれたその真っ赤なスコアブックが長じて歴史学をライフワークにするきっかけとなるのだから、「家学としてのスポーツ」ということを考えずにはいられない。50年代ニューヨークの一少女の成長記録は、家族と地域をめぐる紐帯喪失と再生のドラマでもある。物語の背景がニューヨークのオールド・ファンが心底いい思いをした時代と重なり、それが作品を支える太い柱になっている。

 1949年から57年までの9シーズンは、NYを本拠地とするドジャース、ジャイアンツ、ヤンキースの黄金時代。ドジャースは、ワールドシリーズで1度優勝、リーグ優勝を5回果たすが、シーズン最終戦の最終イニングで、2度もリーグ優勝を逃している。痛みと虚勢と祈りが込められたドジャース・ファンがうわごとのように繰り返すスローガンが、タイトルの「来年があるさ(Wait Till Next Year)」というわけである。

 57年のシーズンを最後に、ブルーカラーの支持を集めたドジャースはロサンゼルスに移転してしまう。翌58年には病弱だった母がついに息をひきとる。最愛の母の死は、同時に少女期という名の黄金時代の終焉をも意味している。父は娘の反対を押し切り引っ越しを決意する。ブルックリン・ドジャース・ファンの例のスローガン<来年があるさ>が、わが家の役にも立つと綴られる箇所で、感極まる読者も多いはずだ。

 これ以上の説明は、映画の結末を平気で語る愚に近い。共感されるべきは、ふだん気づくこともない生活様式の愛おしさと、ささやかな趣味=スポーツの偉大さ。<大リーグ野球>ということばに、以前のような魔術的なひびきが伴わないことは、今やアメリカも日本も同じだろう。しかし勝負事としてのスポーツの単純明快さは、どんよりした人生とは裏腹、いぜん透明感に満ちている。

 スポーツが必然的に求める「公共」と「共同」の意識をこの本は間断なく刺激する。野球にめざめた少年少女時代を読みながら思い出す読者続出の☆☆☆☆☆Highly Recommended! (bk1ブックナビゲーター:佐山一郎/評論家 2000.08.28)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/11/07 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

野球 ランキング

野球のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む