サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

歴史に学ぶ 21世紀日本への架橋
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 風濤社
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89219-190-6

紙の本

歴史に学ぶ 21世紀日本への架橋

著者 井出 孫六 (著)

昭和が終わってすでに11年。この20世紀末の11年間に、一体何が変わり、何が変わらなかったか。21世紀に向かって何が見えてきたのか。国内政治・アジア外交・教育問題・環境問...

もっと見る

歴史に学ぶ 21世紀日本への架橋

2,052(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和が終わってすでに11年。この20世紀末の11年間に、一体何が変わり、何が変わらなかったか。21世紀に向かって何が見えてきたのか。国内政治・アジア外交・教育問題・環境問題等、日本人として考えるべき課題を提示。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井出 孫六

略歴
〈井出孫六〉1931年長野県生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。中央公論社を経て作家に。「アトラス伝説」で第72回直木賞受賞。他の著書に「ふるさと讃歌」「歴史のつづれおり」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自治の思想が自由を切り拓く、の信念のもとに孫六さんが週一回、郷里の知己への便りのように

2000/07/10 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:井出彰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 信州の県紙「信濃毎日新聞」夕刊一面に、「今日の視角」という名のコラムがある。井出孫六氏は22年にわたり、毎週一回、このコラムを書き継いできた。本書『歴史に学ぶ——21世紀への架橋』は、1989年から10年間に書かれた井出氏の「今日の視角」を編集・収録した一書である。

 89年から99年にいたる年月は、日本そして世界が激動にさらされ続けた10年であった。そして本書の掉尾を飾るのは、「『昭和』の遺した宿題」である。この10年は、「昭和」の終焉によって幕を開けたといっても過言ではない。そのとき井出氏は改めて、「昭和」を戦争の視角からあぶり出す。「ほんとうは『昭和』は、その20年で終わるべきだったのではないか」。こう記す井出氏の視角からは、日本が加害したアジア各国に果たすべき、道義的責任というこの時代の「宿題」が問われているのであった。そして10年を経た九九年、井出氏は石橋湛山の「大日本主義の幻想」を引き、改憲の不毛を解く。歴史を見据えて時代を読む井出氏の姿勢は、「今日の視角」その10年を貫いている。

 20世紀最後の10年、この世紀末的状況はまた、天安門事件の沈鬱と、ベルリンの壁崩壊に象徴される東欧変革の喊声によっても幕を開けた。しかしそれは、日本の政治的混迷の始まりであったともいえよう。井出氏の「今日の視角」は、政治の迷走を、歴史に培われたコモン・センスに拠って追い、論じる。決して事象に足を取られ流されることなく、むしろ事象に固執し史観に裏打ちされない政治の虚勢を突く。93年に書かれた三回にわたる「政治の混迷の中で」は、自衛隊のカンボジア派兵、冷戦構造崩壊後の対米追従を憲法に脈打つ倫理性から問題化し、政・官・財の癒着を記者クラブ制度の桎梏から問うている。談合は日米関係ばかりか国内政治に蔓延し、憲法の主語たる「日本国民」が置き去りにされる構図を、井出氏は衝く。

 自治の思想が自由を切り拓く。そうした発想は、明治期の自由民権運動以来、井出氏が一貫して問い続けるテーマともいえよう。93年に書かれた「二つの住民投票」は、新潟県巻町で問われた原発誘致の是非と、沖縄で問われた米軍基地、この二つの住民投票に触れたものだ。そして同年書かれた「自治の力」に、井出氏はこう記す。「冷戦の崩壊と連動して、この国にもさまざまな機能不全が起こっているのだが、自らのなかに自治の力をどう甦らせ育てていくかを、次の世紀を通じての最も大きな課題のひとつとして見据えてみる必要がある」。日本の行方を、自らの力で切り拓き選び取っていく自治の思想が、井出氏の「今日の視角」には脈打っている。

 折りに触れ、コラムに込められた信州の山河や人々への思い。あとがきに記される如く、「日頃疎遠になっている郷里の知己への便り」のように、井出氏は歴史と人間への視角を毎週一通紙面に載せ、郷里の信州へと送り続けている。 (bk1ブックナビゲーター:井出彰/『図書新聞』代表 2000.7.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。