サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 芸術・美術の通販
  5. 勁草書房の通販
  6. ミメーシスを超えて 美術史の無意識を問うの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミメーシスを超えて 美術史の無意識を問う
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 勁草書房
  • サイズ:20cm/275,13p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-326-85166-X
  • 国内送料無料

紙の本

ミメーシスを超えて 美術史の無意識を問う

著者 岡田 温司 (著)

絵の見方、美術の歴史を「父の機能」の一党支配から解放する戦略とは? 無意識のイデオロギーを相対化し、主体、トラウマ、メディウムと皮膚、見る・触れる、メタファー・メトニミー...

もっと見る

ミメーシスを超えて 美術史の無意識を問う

3,996(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

絵の見方、美術の歴史を「父の機能」の一党支配から解放する戦略とは? 無意識のイデオロギーを相対化し、主体、トラウマ、メディウムと皮膚、見る・触れる、メタファー・メトニミー等の観点から試行する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡田 温司

略歴
〈岡田温司〉1954年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、京都大学総合人間学部助教授。西洋美術史専攻。著書に「もうひとつのルネサンス」「ルネサンスの美人論」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

美術史とはこんなに面白い学問だったのかを教えてくれる最先端の絵画論

2000/07/10 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平岡敦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の表紙に掲げられたカラヴァッジョの『聖トマスの不信』は、一度見たら忘れがたい印象的な絵だ。主の復活を疑う弟子のトマスに、キリストは磔の傷跡を触らせ、信じるよう諭しだ。絵は傷痕をじっと見つめ、そこに指をあてるトマスを描いている。『ヨハネ福音書』のエピソードから取ったこの主題自体は、キリスト教美術のなかでべつだん珍しいものではない。だがキリストの脇腹にぱっくりと開いた傷口と、そこに入りかけたトマスの指先のリアルな描写には、見る者の身体に直接訴えかけてくる不思議な力がある。

 ところが本書の第五章「『傷』のメトニミー」によれば、この絵が持つ2つの大きな身体的インパクトである傷と指を、従来美術史はメタファーとしてしか解釈してこなかったらしい。例えばキリストの脇腹の傷は教会のシンボルであり、そこに作者カラヴァッジョの「教会への恭順」が表現されているという説。あるいはキリストの傷に指まで入れて確かめようとするトマスは実証的な精神を表し、そこに作者の「自然主義的な平等主義」があるという説。なるほど、たしかにこれでは、「《聖トマスの不信》の傷と指を見たときの私たちのある種の『ショック』、あるいは視覚的な攻撃の性格」は説明されない。

 そこでは著者は「身体的な暴虐という絵の策略」を明らかにするため、中世の写本挿絵からボーヴォワール『第二の性』の一節まで引きながら、傷、唇、女性器、乳房、子宮というメトニミー的連鎖がこの絵が見る者のなかに喚起する意味作用を明快に描き出す。その手際のよさは、あえてありふれた比喩を使わせてもらうなら、「上質のミステリーでも読むような」というのがぴったりだ。また本書のイントロダクションとも言える第一章では、こと美術に限らずわれわれが芸術家について語ろうとするとき、つい当たり前のことのように口にしまいがちなひと言——「天才と狂気は紙一重」を俎上に乗せ、この言葉が、いったいいつ、どこで、誰によって言い始められたものなのか、そしてそれはいかにして日本に広まっていったのかを跡づけている。ステレオタイプ化した思考に疑問の目を向け、問い直そうとする著者の方法論的な立場がよくわかる章である。これを読んだあとでは、うかつに「天才と狂気は紙一重」なんて言えなくなりそうだ。

 他にも本書に収められた論考は、自画像というジャンルが内包する問題を鏡のパラドクスから論じた「『私』を表象する」や、疫病と美術の関係を扱った「ペストと美術」など、いずれも従来の美術史が抱える無意識的な先入観、前提、思考回路を暴き、絵画の生み出す意味に新たな光をあてようとする興味深いものばかりだ。美術史の最先端を論じながら、同時に美術史とはこんなに面白い学問だったのかを教えてくれる啓蒙性をも兼ね備えた一冊である。 (bk1ブックナビゲーター:平岡敦/大学講師・翻訳家 2000.7.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む