サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 治安・警察・消防の通販
  5. 宝島社の通販
  6. 日本の警察がダメになった50の事情 神奈川県警、新潟県警、埼玉県警……警察不祥事はなぜ多発するのか。の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の警察がダメになった50の事情 神奈川県警、新潟県警、埼玉県警……警察不祥事はなぜ多発するのか。
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:21cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-1828-7
  • 国内送料無料

紙の本

日本の警察がダメになった50の事情 神奈川県警、新潟県警、埼玉県警……警察不祥事はなぜ多発するのか。 (別冊宝島Real)

著者 久保 博司 (著),別冊宝島編集部 (著)

今、警察内部で何が起きているのか、なぜ不祥事は多発するのか、どうすれば日本の警察は生まれ変わることが出来るのか、など50の質問に答える形で、日本の警察が直面する「危機」の...

もっと見る

日本の警察がダメになった50の事情 神奈川県警、新潟県警、埼玉県警……警察不祥事はなぜ多発するのか。 (別冊宝島Real)

1,132(税込)

ポイント :10pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今、警察内部で何が起きているのか、なぜ不祥事は多発するのか、どうすれば日本の警察は生まれ変わることが出来るのか、など50の質問に答える形で、日本の警察が直面する「危機」の本質を解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

久保 博司

略歴
〈久保〉1941年長崎県生まれ。早稲田大学文学部卒業。ノンフィクション作家。「警察・司法研究所」代表。著書に「詐欺師のすべて」「警察官の「世間」」「日本警察の不幸」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「警察の不祥事」はなぜ起こったのかなど、われわれ庶民の素朴な疑問「50」に答える

2000/08/23 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 週刊誌や文庫の創刊など、宝島社は馬鹿な大手版元の後追いをして、みずから首を絞めつつあるのではないか。人気商品『別冊宝島』も廃刊かと思っていたら、突然、リニューアル版「別冊Real#001 」として復活、第1回として、久保博司+別冊宝島編集部編『日本の警察がダメになった50の事情』が出た。本誌でも紹介した下川耿史/家庭総合研究所編『明治・大正 家庭史年表 1868〜1925』(河出書房新社)で、1900年(明治33年)、足尾鉱毒の被害者三千人が上京の途上、群馬県川俣村で待機中の憲兵、警察隊に襲撃、乱闘の末、中心人物68人が逮捕された「川俣事件」、さらにはこの事件の翌月、「治安維持法」が公布、政治集会の規制、労働・農民運動の取締が規定されたと書いた。そして、パキスタン人容疑者の冤罪証明の書、佐野眞一『東電OL殺人事件』(新潮社)を読むと、警官らはいまなお容疑者が東南アジア人の場合、徹底的に差別し、殴る蹴るなどして「虚偽の証言」を強いていることも教えられた。また昨今は、その警察自体が内部崩壊、腐敗、破廉恥の極にある。本書には神奈川県警、新潟県警、埼玉県警に代表される「警察の不祥事」はなぜ起こったのかなど、われわれ庶民の素朴な疑問「50」に答える形で、すべて平易に書かれている。この中からぼくは、早くも風化しつつある「国家公安委員会」(第10章)に付き、もう一度注意を喚起しておきたい。まず「国家公安委員」の任務とは何か。(1)国の警察運営を司る。(2)警察教養・通信・装備・犯罪統計・鑑識の統括。(3)都道府県警察の警察行政に関する調整。また権限としては、(1)警察庁の管理。(2)人事権。警察庁長官の任命・罷免。警視総監・都道府県警察本部長及び都道府県警察以外の警視正以上の警察官の任免。(3)国家公安委員会規則の制定(これには国民の権利・義務に関するものと、警察内部の機関・職員のみを拘束するものとがある)と、実にご大層なものらしいが、実際には事務所もなく秘書もおらず、日程調整などの瑣末な事務も、すべて「警察庁」に任せているという。つまりお目付け役が「警察」におんぶに抱っこなのだ。こんな有名無実な存在に血税から各人に「年収2660万円」も支払っているのだ。ただちに解散させるべきだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

治安・警察・消防 ランキング

治安・警察・消防のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む