サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

NOと言えなくて

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900138-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

NOと言えなくて (キャラ文庫)

著者 松岡 なつき (著)

NOと言えなくて (キャラ文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

NOと言えなくて

576 (税込)

NOと言えなくて

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

NOと言えない意味

2002/07/31 23:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こと - この投稿者のレビュー一覧を見る

気弱でノーと言えない緋呂人は、大学の同級生や一応付き合っている彼女にいいように使われている。それが災いして彼女にローンで車を買わされる事になってしまう。そこで出会ったディーラーの保科に一目惚れはされるわ、親友の大介に気持ちがバレてしまうわ、詐欺のトラブルに巻き込まれるわ、ロクな事がない。自殺未遂まで起こす緋呂人だが、保科に強引に関係を持たされてしまって、なし崩しに付き合ってしまう。

こういう後ろ向きというか、気の弱い子って好きじゃなかったんですが、なんだか人間として共感できる部分もあり、ただ流されて終わる話じゃなくて、ちゃんと自分の意志を言える子になってくれて良かったなーと思いました。本のうしろのあらすじを読むだけだと、保科がただの傲慢な人みたいですが、優しくて人間的にかなり出来た人だと思いました。気弱だからNOと言えないんじゃなくて・・・という感じでしょうか。素敵なお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

同性を好きになってしまう苦しさ・・・。

2001/02/04 17:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaede - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いつも気弱でノーと言えない性格の大学生・坂瀬緋呂人は、その性格が災いしてローンで新車を買わされた上、詐欺に遭うハメに! 
 おまけに途方に暮れる緋呂人を助けてくれた、有能で押しの強い自動車ディーラー・保科英彦に一目惚れされてしまい、断れないまま、なし崩しに関係を持ってしまう。
 普段は優しく頼もしいのに、ベッドの中では超イジワルな英彦に緋呂人は心も身体も馴らされて…!?
 最初はノーと言えないがために、ズルズルと周囲に振りまわされている緋呂人だったが、保科が出てきてから、そのオトナらしい強引さや、逆にうまくいかないことへのジレンマを感じるところなど、ただ強引なだけじゃない惹かれるキャラになっていたことと、緋呂人もだんだん保科の存在によって変わってきたのも、緋呂人の同性を好きになってしまう苦しさなどの描写はとてもせつないし保科は惚れ込んじゃってるし(笑)、とてもよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつもと違う松岡なつき節

2002/07/29 12:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミントティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

車のディーラーと大学生の一目惚れ的なラブストーリー。流されていく主人公もなかなか可憐で魅力的な青年です。いつもの松岡なつきさんと一味違った作品です、貧乏な人が出てくるのをはじめて読みました・・・。ちょっと強引な恋愛がお好きな方におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する