サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. フィルムアート社
  4. コンタクト・インプロヴィゼーション 交感する身体

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コンタクト・インプロヴィゼーション 交感する身体
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:21cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8459-0006-8
  • 国内送料無料

紙の本

コンタクト・インプロヴィゼーション 交感する身体

著者 シンシア・J.ノヴァック (著),立木 燁子 (訳),菊池 淳子 (訳)

もう一度自分自身の身体を知的な観点から見直してみようという試みの一環として、70年代にアメリカで発生したコンタクト・インプロヴィゼーション。そのテクニックを解説するととも...

もっと見る

コンタクト・インプロヴィゼーション 交感する身体

3,024(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

もう一度自分自身の身体を知的な観点から見直してみようという試みの一環として、70年代にアメリカで発生したコンタクト・インプロヴィゼーション。そのテクニックを解説するとともに、学術的に分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

シンシア・J.ノヴァック

略歴
〈ノヴァック〉コロンビア大学博士課程修了。人類学者、ダンサー、振付家。舞踊家としての実践的知識と人類学の視点からダンスを分析した。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アメリカで生まれたダンスの一形態を知る──そこにとどまらず・・・

2000/07/30 06:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小沼純一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカで生まれたダンスの一形態を知る──そこにとどまらず、身体を動かすことを考えたいひとには、ダンサーでも演劇人でもスポーツ選手でも、一助になる


 タイトルだけでは、はたしてどんな内容の本なのか、見当がつかないかもしれない。「コンタクト・インプロヴィゼーション」とは、アメリカで60年代から80年代にかけて実戦されたひとつのスタイル、いや、複数の人物が身体を即興的に動かしてコミュニケートする方法論とでもいったらいいか。その意味では「ダンス」の本なのだが、一概に例えば「モダンダンス」とか「ポスト・モダンダンス」というふうに単純に分類できないし、ただ「ダンス」とは言い切れないところがポイントのひとつとしてある。というのも、「コンタクト・インプロヴィゼーション」とは、ステージで作品として上演し、「演じる/観る」あるいは「観る/観られる」という関係で捉えられる以上に、実際におこなってみることで得られる経験にこそポイントがあるからだ。本書は、この方法論もしくはムーヴメントについて、ひじょうに詳しく、しかもただ客観的に精緻であるというよりは、多分に共感をもって記述したものといえるだろう。

 前半はコンタクト・インプロヴィゼーションの起源といったものをあぶりだし、どんなふうに発展していったかをみる。初期モダンダンスの影響、マース・カニングハム、アンナ・ハルプリンといった名が挙がり、そこから60年代に起こってきたロック・ダンス、同時代の前衛舞踊や演劇との関わりが言及される。さまざまな要素が融合され、コンタクト・インプロヴィゼーションが生まれた。しかし忘れてはならないのは、このダンスが、「六〇年代に特徴的だった思想や社会運動が、スティーヴ・パクストンという一個人の感性や才能というふるいにかけられ、生まれたものだとも言える」ことだ。

 もちろん、歴史的な発展だけではなく、どういうことが広がっていったのか、その実戦における身体的な意味を記述することを著者は忘れない──「コンタクト・インプロヴィゼーションでは、従来の美学的な基準を用いずに、ダンサーが体重や接触といったものを内部でどう感じるか、という身体面に重点が置かれていた。この点が「ダンサー」だけでなく「ノンダンサー」をもこのダンスにひきつけた理由だろう。」

 一方、後半になると、コンタクト・インプロヴィゼーションにおける「動きと意味」、「美的実戦」「コミュニティ、価値、権威」あるいは「公演というビジネス」といった分析が試みられるのだが、要約すると、コンタクト・インプロヴィゼーションがどういうものなのかという紹介と歴史、その意味とともに、実戦に従来のダンスを異化し、あるいは浮き彫りにしたものを本書は記述しているわけである。

 とはいえ、「コンタクト・インプロヴィゼーション」をただ歴史的な事実として受け入れるだけでは、読みとして片手落ちであるにちがいない。こうした即興によって身体を動かすという、その発想をどう現在自分達が生かしていくかを考え、実戦していくことでこそ、この本は生きるし、活用できるものとなる。その意味では、ダンスをするひとも、演劇やスポーツをするひとも、身体に関わっているひとは、手に取ってみることを勧めたい本といえるだろう。 (bk1ブックナビゲーター:小沼純一/音楽文化研究・文筆業 2000.07.29)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/03 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る