サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. ブコウスキー伝 飲んで書いて愛しての通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブコウスキー伝 飲んで書いて愛して
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.5
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/467p 図版32p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-20338-8
  • 国内送料無料

紙の本

ブコウスキー伝 飲んで書いて愛して

著者 ハワード・スーンズ (著),中川 五郎 (訳)

負け犬から一匹狼の人気作家へ。悲しくも滑稽な、それ自体がとてつもなく素晴らしい小説である人生を生きたブコウスキー。そんなダーティ・オールド・マンのクレイジー・ライフを生き...

もっと見る

ブコウスキー伝 飲んで書いて愛して

3,240(税込)

ポイント :30pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

負け犬から一匹狼の人気作家へ。悲しくも滑稽な、それ自体がとてつもなく素晴らしい小説である人生を生きたブコウスキー。そんなダーティ・オールド・マンのクレイジー・ライフを生き生きと描く。未発表写真なども収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ハワード・スーンズ

略歴
〈スーンズ〉1965年イギリス生まれ。新聞記者としてイギリス国内や海外で活躍。ジャーナリスト。作家。著書に「「恐怖の館」快楽殺人」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本当のブコウスキー

2001/09/23 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自伝的小説もいいが本当の伝記も負けずに面白い。特にブコウスキーの長編小説が好きな人にはお奨めだ。様々な小説に歪められて登場した人物達の実際の姿や、売れてからのブコウスキーは結構やな奴だったことも判る。伝記で笑えるなんて思ってもみなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ブクの友人知人100人にインタヴュー、貴重な写真の数々にもこだわりがある

2000/08/23 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1994年の他界後もブコウスキー人気はいっこうに衰えず、文庫化も盛んである。本書はそのブク(ブコウスキーの愛称)の最新の伝記、著者のハワード・スーンズは1965年、英国生まれのジャーナリストだ。ブクの伝記はニール・チェルコフスキー『ブコウスキー 酔いどれ伝説』(91年。国書刊行会)に続く二冊目だが、「ハワードはニールの伝記が不満で、新たに書いた」と訳者「あとがき」にある。というのは、ニールは、ブク自身のあまり当てにはならぬ回想を第一資料とし、その裏も取っていないからだ。『伝説』では、ハワードが「最も重要な時期」と考える1940年代、50年代、ブクの貧乏時代が抜け落ちてもいる。ハワードはニールとは違い、ブクの友人知人100 人にインタヴュー、手紙のやり取りもし、写真、資料、書簡類や公文書を求めて、さまざまな場所に足も運んだ。ここでは、彼自身、所縁の人たちに借り受け、あるいは自身で撮った珍しい「口絵写真」にこだわって紹介しよう。まず冒頭「家族の歴史」には1943年、ブクの母方の祖父母の金婚式写真(祖父の顔、あまりにブクに似ているので思わず笑ってしまう)。両親が暮らし、ブクが生まれたアパート(著者の撮影)。「ロスで育つ」には30年代、ブク一家の暮らした家の写真。ブクは毎土曜日、庭の芝刈りを命じられ、1本でも刈り残しがあると風呂場に連れ行かれてベルトで尻をひっぱたかれ、うんざりしたとは自伝小説『くそったれ! 少年時代』(河出文庫)にあるが、「なるほど、この芝生だったのか」と分かった。1950年代一緒に暮らしたブクの恋人、彼の作品に霊感を与え続けたジェーン・クーニー・ベイカーの写真(当時17歳、本書で初公開。彼女は62年他界)。1955年、最初の結婚相手バーバラ・フライの写真。彼女は生来、椎骨が二本欠如しており、いつも首を引っ込め、両肩を突き上げた姿勢になっている。1956年、バーバラと一緒に撮った写真、これまた本書で初公開。処女長篇『ポスト・オフィス』(幻冬舎アウトロー文庫)の舞台、ロスの下町「ターミナル別館」(郵便局)を筆者が撮った写真。「ラブ・ラブ・ラブ」には彫刻家リンダ・キング(彼女の制作した頭像を持ったブクの写真も)、1985年(65歳)の時、二度目の結婚をしたリンダ・リー・ベイル(41歳)との2ショット。最後はフランクアイとの間の唯一の女の子マリーナ・ルイーズが子供を出産、その母子の写真も載っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/30 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む