サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. プランタン出版
  4. Lapis label
  5. キミはボクの恋のおまもり

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キミはボクの恋のおまもり(Lapis label)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: Lapis label
  • サイズ:15cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8296-5203-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

キミはボクの恋のおまもり (Lapis label)

著者 佐々木 禎子 (著)

キミはボクの恋のおまもり (Lapis label)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

可愛らしい学園もの。

2001/05/26 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyagi aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かわいいイラストに助けられつつではあるが、カッコイイ眼鏡君と、なかなかしっかり者の主人公がどちらも好感持てました。親の仕事の手伝いとはいえ女装ネタはどうかと思ったけれど、挿絵が可愛かったし変にレースびらびらの服とかじゃなかったからOKv
 自分の恋を自覚したとたんに突っ走る主人公に、「そこまでは…ね、とりあえずやめとけ?」と言いたくなるシーンもあったものの(SMとか)、本人がいいならまあいいです。主人公がお化けを怖がる所がかわいかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苛められてきた芙幸と、苛めてきた箕島の関係。

2001/03/08 18:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kaede - この投稿者のレビュー一覧を見る

 親の経営するコンパニオン派遣会社で欠員が出たため、女装させられ代役を務めた柿本芙幸(ふゆき)は、運悪く、一番会いたくない箕島太一にバッタリ出くわしてしまう。
 保育園の頃からなにかと芙幸をいじめる箕島は、芙幸の母親が絶縁宣言をしにいったことがあるといういわくつきで、女装をネタに脅されて箕島の家に連れて行かれてしまう。
 幼い頃はどう苛めたら芙幸が悦んでくれるかわからなくて失敗したけど、今なら大丈夫、という箕島に唖然とする芙幸。
 しかも寝こみを襲う実力行使に出てきて…?!

 小さい頃から苛められてきた芙幸と、苛めてきた箕島。
 小さい頃はわからなかった違いに何となく気づけるようになった芙幸は、箕島に悪い感情をを持つどころか、好きなんだと自覚してしまうけど、身体を奪われた挙句、『浮気相手』をすることになってしまい、胸中複雑で…。

 という話に、親が小さい頃から仕事をしていたために、こわがりになってしまった芙幸と箕島の家庭環境をうまく絡ませて、恋愛だけじゃない、ありきたりにならないストーリーになっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する